FC2ブログ

ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

「ブラックペアン」






監修ドクターが解説



片っ端から、教えてやるよ。



vol.29
9話医学的解説①




今回は佐伯教授が患った心臓病について解説します。



左冠動脈肺動脈起始症


私が所属する成人心臓血管外科の世界では、すごい珍しい病気が出てきました。これは本当にすごく珍しいです。というのもこの病気はほとんどが赤ちゃんの時に見つかる先天性の病気(生まれつき持っている病気)だからです。私は小児心臓外科で研修を3年近く行ったのですが、この疾患に出会ったのは1回だけでした。ですので、小児循環器の世界でも珍しい病気です。
病名を分解して説明すると、左の冠動脈が普通は大動脈から出ている(起始している)のに、肺動脈から出てしまっている(起始している)という病気です。
肺動脈には全身から返ってきた静脈血(酸素を含まない血液)が全身→右心房→右心室→肺動脈と流れています。通常心臓の筋肉に血液を送るための冠動脈には大動脈から動脈血(酸素を含んだ血液)が流れていますので、筋肉に酸素が届き、筋肉は元気に動きます。この病気の場合は、肺動脈から酸素を含まない血液(静脈血)が心臓の筋肉に流れますので、心臓の筋肉は元気に動いてくれません。生まれてからずっとそのような状態が続きますので、心臓の筋肉は成長もしてくれないのです。心臓の動きが悪くなり、未治療であると1歳未満で80%以上が亡くなってしまうというデータもあります。
つまり、この病気を持っている人で佐伯教授のように屈強な体つきの大人に成長することは非常に珍しいのです。心臓の筋肉が発達できないのに、全身の筋肉を鍛えることは非常に困難です。大人になって見つかる方も中にはいるのですが、非常にまれで、心臓の動きは高度に落ちてしまっていますし、運動も辛くてなかなかできません。
虚血性心筋症と僧帽弁閉鎖不全症
このように、心臓の筋肉に十分に酸素がいかない状況になると、心臓の筋肉は弱ってきてしまいます。弱ってきた筋肉はだんだん伸びてきてしまいます。この状況を虚血性心筋症(心臓の筋肉に行く血液が虚しいために心筋が弱くなる病気)と言います。左冠動脈肺動脈起始症でも起こりますし、成人心臓外科領域で多く目にする狭心症や心筋梗塞でも起こります(狭心症や心筋梗塞だと冠動脈の血流が乏しくなりますので、心臓の筋肉にきちんと血液が流れず筋肉は弱くなってしまうのです)。
心臓の筋肉が伸びてくるということは、心臓の各部屋の壁が伸びてくるのと一緒です。部屋がどんどん大きくなってきてしまうのです。すると部屋にある扉の外枠も伸びてしまいますので、扉はきちんと閉まらなくなってしまいます。心臓の左心室は筋肉の壁が厚いですので、影響が大きく、虚血性心筋症になりますと、左心室の壁はどんどん伸びてきて薄くなって、その扉である僧帽弁の外枠も伸びて大きくなって、僧帽弁閉鎖不全症となります。
虚血性心筋症によって起こる僧帽弁閉鎖不全症を虚血性僧帽弁閉鎖不全症と言います。冠動脈の病気と僧帽弁の病気は密接に関わっているのです。
9話では黒崎先生に自宅待機を命じられた渡海先生の「えっ?自宅ここなんですけど」という捨てゼリフが、同じく病院に常にいる自分にはすごく響きました。伏線があらゆるところに張られ、最後にそれらすべてが回収され、同時に佐伯教授の外科医として、そして人間としての強大なパワーが感じられ、そこに渡海先生が挑み最終話につながる。次回がもう最終話、寂しすぎます。
次回はカエサルによる佐伯教授の手術を解説します。

記事ページ⇒






伏線があらゆるところに張られ、
最後にそれらすべてが回収され、
同時に佐伯教授の外科医として、
そして人間としての強大なパワーが感じられ、
そこに渡海先生が挑み最終話につながる。
次回がもう最終話、寂しすぎます。







ほんとに、寂しすぎますね







テレビステーションより!



18621テレステb







ブラックペアン第10話
最終回!





TVガイドより!



ひとつだけハッキリしているのは、
渡海が東城大からいなくなること。

皆さんの期待を、
俺は裏切っていきたいな(笑)。

最悪のシナリオにしたいって
言い換えてもいい(笑)。
僕自身も戦いながら、
全力を尽くしたいと思います。






どんな結末が描かれるのでしょうか!?





この感じだと・・・、

渡海先生は病院を去っちゃう!?




でも・・・・・・、
ニノちゃんの言うことは、
その裏を、裏の裏・・・の裏を、
予想した方がいいような・・・!?
ストレートに読んじゃいけない、
気がするんだけど・・・


渡海先生~


いろいろ、想像してます





18621ガイドa




皆さんの期待を、
俺は裏切っていきたいな(笑)。







最終回!
すごく楽しみ・・・だけど、


さらばオペ室の悪魔
さらば渡海



文字を見て・・・涙




終わるのは、寂しいですね








18621.jpg




素敵な笑顔


チームワーク抜群


ひまわりのようなニノちゃんの笑顔


明るい現場なのが伝わってくる






テレビの力を信じ、
良いものを届けたいという強い思いから、
自らいろいろ提案し、
現場を盛り上げてきた!
座長ニノちゃん



最悪のシナリオ!



ブラックペアンチームが描く!
ブラックペアンの結末!


ブラックペアンチームの情熱を


しっかり・・・見届けます





キャスト、スタッフ
一丸となって作り上げた
「ブラックペアン」の最終回、
ぜひご期待ください!






最後まで全力で応援します




まだまだ・・・盛り上げていくよ~







6月24日(日)14:00~16:00
ブラックペアンダイジェスト





6月24日(日)21:00~22:09
日曜劇場「ブラックペアン」
最終回 

さらば渡海!
二人の天才の宿命とは・・・






最終話まで・・・あと3日!





楽しみです!








二宮さん出演の医療ドラマも 
舞台は好条件の東千葉MC

熊井洋美
2018年6月19日11時00分


千葉県東金市にある東千葉メディカルセンター(MC)が医療ドラマのロケ地として引っ張りだこだ。開院から4年余り。建物のつくりや立地環境など好条件がそろい、ドラマの舞台として存在感を増している。

4月からTBS系で放送中のドラマ「ブラックペアン」。人気グループ「嵐」の二宮和也さん扮する主人公の医師、渡海征司郎が勤務する「東城大学医学部付属病院」のシーンは主に東千葉MCで撮影されている。白を基調にした建物内が画面にたびたび登場する。
田中健太監督は「病院の顔とも言えるロビーが2階まで吹き抜けになっていて広々とした画が撮れる。スケール感が出ると思った」とコメント。外来診療に影響のない週末や夜間を中心に撮影したという。
他にも、産婦人科医や助産師ら…

*記事の続きに、ブラックペアンは登場しません。

記事ページ⇒







会社四季報オンライン
国産「手術支援ロボット」開発を急ぐ企業たち
ドラマ「ブラックペアン」にも登場



医療ドラマは刑事ものと並んでテレビドラマの人気カテゴリーである。なかでも6月24日(日)に最終回を迎える「ブラックペアン」(TBS系)は高視聴率が話題となっているが、確かに見どころが豊富な作品である。

ドラマの原作は、作家の海堂尊(かいどう・たける)氏の長編小説「ブラックペアン1988」。海堂氏は「チーム・バチスタの栄光」や「ジェネラル・ルージュの凱旋」など医療系小説に定評がある。小説は映画やドラマになっても高い人気を誇り、作品は軒並み大ヒットしている。海堂氏は作家であると同時に医師であり医学博士だ。しかも外科医や病理医などの幅広い経験を持ち、それが作品にもたらすリアリティーは群を抜く。

ドラマ「ブラックペアン」はキャストも豪華。嵐の二宮和也演じる天才外科医・渡海征司郎を筆頭に、市川猿之助演じる帝華大学病院の西崎外科教授、準主役的な立ち位置にある内野聖陽の佐伯外科教授など脇役は大物ぞろい。さらに、原作では主人公である研修医の世良を演じる竹内涼真、人気アナウンサーの加藤綾子といった人気どころも名を連ねる。

今回のドラマは医療の側面からも見どころ満載だ。「ブラックペアン」では世界で普及が加速している内視鏡手術支援ロボット「ダーウィン」が登場する。もちろん、実際には「ダーウィン」などという名の医療ロボットは存在しない。「ダーウィン」は米インテュイティヴ・サージカル社が手がける「ダ・ヴィンチ」がモデルになっていると見ていいだろう。ドラマでは国産「ダーウィン」とも言うべき「カエサル」も登場。現時点で「ダ・ヴィンチ」は国際的な特許に守られており、国産化されていない。しかし、特許切れも迫っており、国内の有力メーカーは「ダ・ヴィンチ」の国産化を目指した研究開発を活発化している。ドラマの進行と現実の医療の技術革新がタイムラグを置かずに進行している。まさに、“海堂原作”の真骨頂ともいえるシナリオだ。

衆目を集める人気ドラマには批判も付きものだ。加藤綾子演じる治験コーディネーター(CRC=Clinical Research Coordinator)については、日本臨床薬理学会から抗議があったという。治験コーディネーターは、新薬を開発するための臨床試験で被験者と医師や医療機関との調整を図る役割。その治験コーディネーターが手術を取り仕切る医療関係者と高級レストランで接待する場面や、被験者に渡す高額な負担軽減費などが「現実とかけ離れている」というものだ。たしかに、現在の治験の業務実体と比較すると少し大げさな側面もあるかもしれない。しかし、個人的にはある程度のデフォルメはドラマの場合にはあって良いとも思うのだが、いかがだろうか。加藤綾子演じる治験コーディネーターは、陰のある元手術室看護士の設定であり、医療現場の臨場感を高めていると感じる。

「ブラックペアン」に登場する「カエサル」はモデルが実在するかどうかは不明である。しかし、実際、国産の手術支援ロボットの開発は急ピッチで進む。ホギメディカル(3593)は東京工業大学などの手がけた簡易的な医療手術装置である「エマロ」を市場に投入済み。東京工業大学のグループは、本格的な手術支援ロボットの開発も進めており期待が高まる。

シスメックス(6868)と川崎重工業(7012)は、共同で合弁会社メディカロイドを設立。メディカロイドは手術支援ロボットの開発を積極的に進めている。同社の手術支援ロボットはドラマの「カエサル」にイメージも近い。内視鏡や手術関連機器で世界市場をリードするオリンパス(7733)も手術支援ロボット開発では無視できない存在である。

話題のCRC市場では、シミックホールディングス(2309)、EPSホールディングス(4282)、リニカル(2183)などが注目だ。ドラマでは有力な医師とCRCの関係にスポットライトが当たるが、治験業界はCRO(医薬品開発受託)、SMO(治験施設支援)などの業務も手がけ、国内の医療機器や医薬品などの開発をサポートする存在。医療産業の開発力の強化と効率化を担うビジネスであり、高い成長が見込まれる。ドラマを契機に、同業界への注目が高まることも期待されよう。

記事ページ⇒








今日の朝日新聞!



ブラックペアン第9話
視聴率16.2%!




関東地区・・・第6位でした!




18621朝日新聞







ブラックペアン
9話医学的解説!
テレビ誌記事・・・など、まとめてみました!




拍手、コメント・・・ありがとうございます







PCの不調は、マウスが原因のようで、
以前使っていた古いマウスに変えてみました。
なんとか、大丈夫そうなので、
ほっとしています

ありがとうございます









やっぱり連続ドラマは、すごい!
テレビの力を感じた3か月間でした!

ブラックペアン「渡海先生」は、
たくさんの人を惹きつけ、
徐々にファンを増やしていった
と、実感しています
たまたまドラマを観た人も、
ドラマの評判を聞いて観た人も、
虜にしているな~って、思います

渡海征司郎演じる
俳優二宮和也

ニノの演技は、多くの人の心に、
刻まれたのではないでしょうか。

ハマる人続出

そして、それは、
ニノの願い通り、嵐さんに繋がっている

勝手に、映画の世界に行く、
と思っていたので・・・ふふ!

ニノちゃんのコメント、
また自分がドラマや映画に
出させてもらったり


そして!
6月1日スポーツ報知!

1861スポーツ報知


この言葉も嬉しかった!


テレビを見てくれる人たちに
届けるものが
良いものであってほしくて。



一生懸命頑張っても、
視聴者に届かないときもあるでしょう。
でも、テレビの力
今回のブラックペアンで、
テレビの力を改めて感じました。
わたくしも、この3か月間、
ニノと一緒に走ってきた感覚です!
ニノちゃんだけ先に、クランクアップ!
もう、次に向かっているのかも?
ちらっと・・・髪を切った(ニノさん番宣)、
と聞きました。
新しいお仕事に・・・、
入っているのかもしれませんね!

すみません・・・ひとりごとでした






関連記事
スポンサーサイト