FC2ブログ

ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

「ブラックペアン」今夜第7話!あらすじ「毎日新聞記事」「テレビ番組」 「第5話/地上波録画視聴ランキング!」






ブラックペアン
公式サイト





監修ドクターが解説



片っ端から、教えてやるよ。

vol.23
6話医学的解説③




6話最終解説は粘液腫です。


粘液腫(ねんえきしゅ)

粘液腫とはあまり聞いたことがない病気だと思います。簡単に言うと心臓の中にできるできもの(腫瘍)です。ほとんどが良性腫瘍と言われます。良性腫瘍ということは、取ってしまえば再発もしませんし、転移もしません。うずらの卵くらいの大きさからダチョウの卵まではきませんが、かなり大きいものまであるようです。少し柔らかめのゼリーのような感触です。良性腫瘍なので手術で摘出してしまえば良いのですが、問題となるのは心臓の中にあることによる血流障害と、心臓の中から飛び出してどこかの血管に詰まってしまう塞栓症です。
渡海先生のお母さんはまさにこの血流障害により失神してレストランで倒れてしまいました。
この粘液腫は左房(左心房)という部屋にできやすいと言われています。血液は肺から肺静脈を通って左房に入って、僧帽弁という扉を通って、左心室に流れ、左心室から大動脈弁を通って全身に送られます。ここで左房に大きなできもの(粘液腫)があると、最悪の場合、僧帽弁にはまり込むことがあります。これを嵌頓(かんとん)すると言います。そうなると大変です。血液が左房から左心室に全く流れなくなりますので、全身にも血液が流れなくなります。本当に運が悪いとそのままお亡くなりになってしまうケースもあります。
渡海先生のお母さんは僧帽弁に粘液腫が一瞬はまり込んで、血液が全身に流れなくなり、頭への血流がなくなり失神して倒れてしまったものと思われます。幸い、はまり込んですぐに外れたので良かったのですが、はまり込んだままだったらと思うとぞっとします。
粘液腫は心臓エコー検査により診断できるのですが、春江さんのように失神を引き起こすほど大きな粘液腫があり、僧帽弁に再度はまり込みそうな場合は一刻も早く摘出を考えます。全く症状がなく、たまたま診断された場合は急ぐ必要はございません。春江さんの場合はエコーの検査を見てもかなり大きな粘液腫でした。黒崎先生は緊急手術を行います。
粘液腫の手術はそれほど難しい部類には入らないのですが、我々が一番気をつかうのは、粘液腫がどこかに飛んで行ってしまうのではないかということです。粘液腫は左心房の壁にゆるーくくっついているのが大半です。患者さんをベットからベットに移す時にもそーっと移します。衝撃で粘液腫が左心房の壁から外れて心臓から全身に飛んでしまったら大変で、もし脳の血管に飛んで行ってしまったら脳梗塞になってしまいます。粘液腫ほどのできものが脳の血管に飛んで行ったら命に関わります。またお腹の血管に飛んで行ってしまっても大変です。最悪、腸が壊死してしまうなんてことにもなりかねません。ですので、非常に神経を使う手術になります。
黒崎先生は春江さんの粘液腫を摘出したのですが、肺静脈に取り残しをしてしまいました。これは基本中の基本なのですが、粘液腫を摘出したら、左房の他の部分にも粘液腫がないかを確認します。稀に取り残しがあり、その取り残しが大きくなりまた取らないといけない場合がありますので、取り残し厳禁の手術になります。佐伯教授は並の外科医なら肺静脈の取り残しはあるとおっしゃっていましたが、確かに肺静脈の奥底に粘液腫がある場合、確認は難しいかもしれません。ただ術前のCT検査などをきっちりしていれば、肺静脈にあることもわかったかもしれません。
「残存腫瘍のせいで血流障害が起きているものと思われます。」
肺静脈から左房への血流が粘液腫の取り残しのせいで障害されているということです。肺静脈から左房に血液が流れて行きませんので、肺に血液が溜まってしまいます。これは非常に珍しい現象です。
カエサルによって、右肺静脈の奥にある血栓を摘出するのですが、この場合も心臓を止める必要がありますので、人工心肺を回して、大動脈を遮断して、心筋保護液によって心臓を止めて手術を行います。カエサルによる手術は通常の手術(胸の真ん中を開ける正中切開の手術)とは違い、右の胸から心臓を手術しますので心臓は少し遠い位置にあります。何をするにも遠いいので少しやりにくく、ダーウィンやカエサルのような細いロボットアームによる手術が力を発揮します。ダーウィンやカエサルがない時は長い手術器具を使用して手術を行います。
大動脈を遮断する鉗子(かんし;物を挟む道具)も少し長い特殊な鉗子を使用します。今回はこの鉗子の先端で大動脈の向こう側の組織を損傷してしまったという流れになります。
右胸部から見ると大動脈の奥には肺動脈と左心耳があります(救急外来で渡海先生と世良先生が処置していた場所です)。おそらく大動脈遮断鉗子の先端で肺動脈または左心耳を損傷してしまい、出血してしまったものと思われます。左心耳の損傷ならば、右からそのまま左房を再度開けて、左心耳を引っ張り出して内側から修復することは可能ですが、肺動脈が損傷してしまうと、なかなか右から修復するのは困難です。
渡海先生は出血の仕方から肺動脈と左心耳両方から出血していると判断し(肺動脈からは暗赤色の静脈血が、左心耳からは真っ赤な動脈血が出てきます)正中切開(正中開胸)にて縫合し止血を行いました。
渡海先生の助手を世良先生は見事にやってのけるのですが、
「PAよけろ」
のPAはPulmonary Arteryの略で肺動脈の意味です。左心耳を縫合するときに、肺動脈をよけて縫いやすくしてくれ、という指示です。
「あんまり引っ張りすぎるな」
縫合するときに、助手は縫合しやすいように糸を持ってあげるのですが、その時糸を引っ張りすぎると組織がちぎれちゃうから気をつけろ、という指示になります。今回は救急外来でも春江さんの手術でも二人は肺動脈と左心耳を修復したことになります。肺動脈、左心耳ともに非常に脆く修復は難しいのですが、さすが渡海世良コンビ、難なく修復してしまいました!
またまた、長くなってしまいました。今回は粘液腫という心臓には珍しい腫瘍の話で、なんで心臓に癌が少ないかとか、高階先生の男気溢れる、手術室での自ら血液を抜くシーンの説明とか、身内の手術、だとか、まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、また機会があればお話ししたいと思います。

もう早いもので7話が始まります。前回も書きましたが、撮影の何週間も前から二宮さんと監督と打ち合わせして仕上げたシーンがあります。撮影の時、監督の横でモニターを見ていたのですが、そのシーンを撮り終えた後、監督と僕は顔を見合わせて「すごい」と二人で思わず笑ってしまいました、と同時に全身に鳥肌がたち、涙腺が刺激されました。記憶力とかアドリブ力とか演技力とか表現力とか器用さとかかっこよさとか、そういう言葉を超越したところで、何か大きな力に心を強く揺さぶられ…。あの時の衝撃は一生忘れることはありません。7話御期待下さい。

記事ページ⇒






第7話


撮影の何週間も前から
二宮さんと監督と打ち合わせして
仕上げたシーンがあります。
撮影の時、監督の横で
モニターを見ていたのですが、
そのシーンを撮り終えた後、
監督と僕は顔を見合わせて
「すごい」と
二人で思わず笑ってしまいました、
と同時に全身に鳥肌がたち、
涙腺が刺激されました。
記憶力とかアドリブ力とか
演技力とか表現力とか
器用さとかかっこよさとか、
そういう言葉を超越したところで、
何か大きな力に
心を強く揺さぶられ…。
あの時の衝撃は
一生忘れることはありません。
7話御期待下さい。







TV LIFEより



18530テレビライフ






記憶力とかアドリブ力とか
演技力とか表現力とか
器用さとかかっこよさとか、
そういう言葉を超越したところで、
何か大きな力に心を強く揺さぶられ…。




7話で言うと、
渡海が帝華大でオペをするシーンは
渡海の象徴的なシーンになればいいなと
思っていて。
その手術シーンが7話の1つの見どころに
なるよう頑張りたいなと思います






今夜9時




ブラックペアン第7話





く~~~楽しみ







7話あらすじ!







<今週のブラックペアン>
ニノが帝華大に引き抜かれる? 
相武紗季が患者役で女優復帰

6/3(日) 12:10配信


人気グループ「嵐」の二宮和也さんが主演する連続ドラマ「ブラックペアン」(TBS系、日曜午後9時)の第7話が3日、放送される。昨年10月に第1子出産を発表した相武紗季さんがゲスト出演し、本格的に女優復帰する。相武さんは、フリーアナウンサーの加藤綾子さん演じる元看護師の治験コーディネーター、木下香織の元同僚で、東城大付属病院の入院患者の山本祥子を演じる。また、お笑いコンビ「シソンヌ」の長谷川忍さんもゲスト出演する。

ドラマは、天才外科医の渡海(二宮さん)が、病院、研究室と製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省との癒着問題など、さまざまな闇が渦巻く大学病院に立ち向かう姿を描く。渡海は天才外科医である一方、傲慢な性格と、金を要求するなどの言動で周囲から浮いており、渡海に振り回される研修医の世良雅志を竹内涼真さんが演じている。ほかに葵わかなさん、市川猿之助さんらが出演している。

第7話では、帝華大の西崎教授(猿之助さん)の思惑により、渡海が帝華大に引き抜かれる。高階(小泉孝太郎さん)は、西崎教授の狙いは何かといぶかる。一方、手術支援ロボット「カエサル」を推進する厚労省の富沢(福澤朗さん)は、東城大に1人の患者の治験を持ちかける。

カエサルの治験にぴったりの症例だという患者・山本祥子(相武さん)の情報を富沢が知っているということは、東城大の患者のリストを誰かが持ち出したことになる。佐伯教授(内野聖陽さん)は、富沢の後ろに西崎教授の影を感じていた。東城大は、祥子を治験者にするため、担当医を黒崎(橋本さとしさん)にし、木下香織(加藤さん)から祥子に治験についての説明をすることにしたが……と展開する。

記事ページ⇒










渡海、帝華大学に移籍。
嵐・二宮和也主演『ブラックペアン』
第7話あらすじ



医療界が抱える問題に鋭く切り込むエンターテイメント、嵐・二宮和也主演TBS系列ドラマ『ブラックペアン』。6月3日(日)よる9時に放送される第7話では、渡海が帝華大学にまさかの移籍を果たす。帝華大学に潜り込むことになった渡海の狙いは……。
西崎教授は国産ダーウィン「カエサル」による治験データを欲していた。高階はその命を受けて、東城大学での活動を続けている。原作は「チーム・バチスタの栄光」など、医療問題を題材にした小説で知られる海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」。タイトルの「ペアン」は、止血用鉗子のこと。真っ黒なペアンに隠された真実の追及がドラマの縦軸になっている。



国産ダーウィン「カエサル」推進の圧力

渡海征司郎(二宮和也)が東城大学を去ることになった。新たな勤務先は帝華大学だった。西崎教授(市川猿之助)により引き抜かれたのだ。渡海がその申し出を受けた理由は!? そして西崎の狙いは?

同じころ、国産ダーウィン「カエサル」を推進する厚労省の富沢雅之(福澤朗)は、東城大の入院患者から山本祥子(相武紗季)をその治験モニターに指名する。富沢と西崎による圧力を受けて、佐伯清剛(内野聖陽)はその提案を飲まざるを得なくなった。担当医に黒崎誠一郎(橋本さとし)を指名したが……。



第7話は、6月3日(日)よる9時放送

渡海はそのまま帝華大学にとどまるのか。第7話はTBS系列で6月3日(日)よる9時放送。お楽しみに。

記事ページ⇒






渡海はそのまま帝華大学にとどまるのか。




気になりますね






朝日新聞テレビ欄



1863朝日新聞



隠蔽を許すな!
親友の命とペアンの謎!!









渡海先生の部屋
360度









【第7話は明日よる9時放送】
本日も撮影は順調

360度カメラで撮った渡海先生の部屋MOVIEをお届け
くるくる回して隅々までたっぷりご覧ください
ご覧いただくには、
YouTube公式アプリのダウンロードが必要となります。



日曜劇場『ブラックペアン』渡海の部屋 360度カメラMOVIE公開! 第7話は6/3(日)よる9時放送【TBS】⇒





目が回る・・・ふふ!










【第7話は本日よる9時放送】
本日は第7話の放送ですよ~
#加藤綾子 さんと7話ゲスト#相武紗季 さんとの仲良しショット
ドラマでは2人の過去に何が...
#同い年ペア
#ブラックペアン
#tbs
#4時からはダイジェスト放送です





夕方4時から!
ブラックペアンダイジェスト!





インスタページ⇒








昨日の毎日新聞夕刊



1862毎日新聞夕刊a
1862毎日新聞夕刊b




週刊テレビ評
二宮和也主演「ブラックペアン」 
影ある外科医にカタルシス=碓井広義



この10年間、TBS系「日曜劇場」には何人もの“名医”が登場した。「Tomorrow-陽はまたのぼる-」(2008年)の森山航平(竹野内豊)は産科手術も脳外科手術も手掛けた。「JIN-仁-」(09、11年)の外科医、南方仁(大沢たかお)は江戸時代にタイムスリップし、焼け火箸を電気メス代わりに止血を行い、当時は死病だったコロリ(コレラ)とも闘っていた。また「GM-踊れドクター」(10年)の総合診療医、後藤英雄(東山紀之)は問診だけで病名を言い当てた。

一方、苦戦した医師もいる。標高2500メートルの診療所が舞台の「サマーレスキュー~天空の診療所~」(12年)では心臓外科医の速水圭吾(向井理)がその腕前を発揮できなかった。医療設備が最小限で、患者の命を救うにはヘリで町の病院に搬送するのが一番だからだ。その5年後に現れたのが「A LIFE~愛(いと)しき人~」(17年)の沖田一光(木村拓哉)である。「心臓血管と小児外科が専門の職人外科医」だったが、肝心の手術シーンに緊迫感が希薄で術後の達成感もあまりなかった。


そして今期の「ブラックペアン」だ。
渡海征司郎(二宮和也)は過去のどの医師とも違う。
「手術成功率100%の天才外科医」だが、
かなり傲慢。
同僚の医師がお手上げとなった手術を肩代わりして
大金を要求したりする。
「オペ室の悪魔」というニックネームが
象徴するダークなオーラを身にまとっている点が
ユニークなのだ。
背景にあるのは一枚の胸部レントゲン写真で、
そこに写っている手術器具「ペアン」と
父の死にまつわる秘密が
渡海に陰影と奥行きを与えている。
そんな人物像を支えているのが、
大胆さと繊細さの双方を演じてみせる
二宮の力量だ。



物語の軸となっていたのは心臓手術用機器「スナイプ」だったが、新たに手術支援ロボット「ダーウィン」や「カエサル」が登場してきた。こうした医療マシンを使った手術でトラブルが発生した時、土壇場で渡海が現れ、患者の命を救うのがパターンだ。そこに見る側のカタルシスがあるのは、機械に頼り過ぎる社会に向けた一種の寓話(ぐうわ)だからかもしれない。

最近、このドラマで加藤綾子が演じる治験コーディネーターに関して日本臨床薬理学会から抗議があった。その活動や服装が「実像からかけ離れている」というのだ。しかし、物語全体がドラマというフィクションであり、登場人物のキャラクターや仕事ぶりにドラマ的な演出や造形が施されているのは当然だ。現実から外れない内容に終始するのであれば、ドラマ自体の成立も危うくなる。(上智大教授)

記事ページ⇒







手術成功率100%の天才外科医
オペ室の悪魔

渡海征司郎



そんな人物像を支えているのが、
大胆さと繊細さの双方を演じてみせる
二宮の力量だ。








テレビ番組をひとつ!



yahoo番組表より!

6月10日(日)23時30分~24時00分
ゲンバビト
リアルなブラックペアン



今回は「ロボット心臓外科手術~リアルなブラックペアン」
▼「現場で働く人」を応援する番組。
毎回テーマに関連するゲンバビトの仕事ぶりとともに、
その裏側を掘り下げる。


番組内容
▼ロボットで行う心臓外科手術に密着
▼神の手とも言われるニューハート・ワタナベ国際病院の渡邊先生に密着
▼手術支援ロボット「ダビンチ」とは?
▼手術はチームワーク
▼麻酔医師に密着
▼的確でスピーディな動き!オペナースに密着
▼患者にとって体の負担が軽減される手術とは
▼ロボットのスゴ技
▼医師と患者の信頼関係
▼葵わかなも驚く医療現場
▼ブラックペアンで話題のロボット手術
▼最新の医療



主な出演者

MC
ピエール瀧

ゲスト
下川智樹(帝京大学医学部附属病院) 
葵わかな ほか



わかなちゃんご出演








関東地区
地上波録画視聴ランキング更新!










レグザクラウドサービス“TimeOn”
関東地区・地上波録画視聴ランキング
5月14日(月)~5月20日(日)



ベスト3変わらず。
「ONE PIECE FILM GOLD」映画部門首位




地上波総合(関東)

1位
日曜劇場「ブラックペアン」
5話 5/20
100ポイント



地上波ドラマ(関東)

1位
日曜劇場「ブラックペアン」
5話 5/20
100ポイント




2位は・・・79.8ポイントです。

ランキングページ⇒







録画視聴・・・1位



定位置って感じでしょうか?



嬉しいですね






ブラックペアン
今夜第7話!
あらすじ&新聞記事など!
まとめてみました!





拍手、コメント・・・ありがとうございます








関連記事
スポンサーサイト