ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~






静の充くんと現代。
動の直太朗さんと過去。










昔、ニノを
得難い俳優
と褒めてくださった大高氏!






そのときの記事




文化通信記事
【大高宏雄の興行戦線異状なし Vol.119】
『プラチナデータ』、さらなる可能性へ

2013年03月21日


二宮和也主演の『プラチナデータ』は、いろいろなことを考えさせられるスタートであった。本作は、3月16日から全国310スクリーンで公開され、16、17日の2日間で全国動員30万5743人・興収4億0049万6000円を記録した。ヒットである。ただ私は、前売り券の売れ具合から、もっと数字が上がってもおかしくない気がしたのである。私の期待は、もっと高かった。

本作は、アイドル映画という“枠組み”をもつ。そのなかで、映画の企画は斬新だったと思う。嵐の二宮和也を主役に起用したその枠組みのなかで、描かれた題材が新鮮であったからだ。当代の人気者の主演作というと、かつてはお手頃な軽いノリの娯楽作品が主流だった。もちろん、冒険的な作品もあったが、今回はとくにその野心性が際立っていたと思う。

それは、大いに評価したい。ただ、ヒットの客層の中身を見ると、女性層が非常に多いのである。ということは、男性層が少ない。当然と見る向きもあろうが、今回はその“当然”の枠を超えてもらいたかった。前売り券の好調さは、二宮の人気のゆえであるが、その人気と中身の力がどこまで波及するか。ここが興行上の最重要ポイントの作品であったはずである。

昨日の水曜日のレディースデー、『プラチナデータ』上映の各劇場は、女性客でにぎわった。土日以上の成績だったシネコンもあったそうだ。二宮のもつ魔力のなせる業であろうか。確かに、彼以外では、なかなか実現できないような興行の威力だと言える。ただ再度言うが、その広がり方が、今のスタート時点では、彼のファン中心の興行になっている。これが、何とも惜しい気がするのだ。

ここで先の企画の野心性が、ポイントとなる。野心性が、彼のファン以外の人々に関心を広げる方向にいくかどうかは、また違う要素がからまってくるからである。人間のDNAデータをめぐるサスペンスと、ここは簡単に言ってしまうが、その中身がどこまで浸透していたか。さらに、浸透していたとして、それはどこまで関心の広がりに貢献していったのか。そこが、少し曖昧だったのだと思う。



二宮和也は、得難い俳優である。
人気はすごい。
企画も面白い。

だから、もっとヒットの“格”が、上がってしかるべきなのだと思う。
今回の興行は成功しているが、その先の大きな可能性に向けて、より彼の個性が生かせ、作品の中身と彼の魅力双方で広い層の人たちを、もっともっと吸引できるような作品の出現を、私は希望したい、これは、ないものねだりではない。
(大高宏雄)

記事ページ⇒







大高氏のラストレシピ評!




シネマの週末・チャートの裏側
ニノを生かせない企画

毎日新聞2017年11月10日 東京夕刊


人気アイドルグループ「嵐」の二宮和也主演「ラストレシピ-麒麟の舌の記憶-」が、意外な3位スタートだ。最終の興行収入は10億円台前半あたりか。高額な製作費、広範囲な宣伝展開、何より主演者の人気度からみて、少々物足りない。一つには、企画の問題がなかったか。

卓抜な腕をもつ2人の料理人を戦前と戦後の視点から描く。結果的に、戦前の軍部に翻弄(ほんろう)される料理人の話が中核をなすが、これが少々、映画の焦点をずらした気がした。戦後パートの二宮の役割、存在感が、これで弱まったからだ。彼の魅力がどうにも全開していかない。

主演者が別の俳優なら、この展開もありえただろう。ただ、本作は二宮の主演が企画の本筋である。何より、彼の魅力を最大限に膨らませる話やキャラクターづけが必要と考える。ファンが見たい二宮だったのか。そこが充実すれば、より広い層の関心も増したように思う。

2位の「IT/イット~」は、米国ホラー映画久々のヒットだ。202スクリーンなので、1位の「マイティ・ソー~」より1スクリーンあたりの集客率が高い。当初、人気が下がったホラーということもあり、公開規模が小さかったが、米国の大ヒットを受け館数が増えた。怖さに新たな工夫を凝らした米国ホラーは、日本の若者に響いている。(映画ジャーナリスト・大高宏雄)

記事ページ⇒







最終の興行収入10億台前半あたりか。
主演者の人気度からみて、少々物足りない。

戦後パートの二宮の役割、存在感が、
これで弱まったからだ。
彼の魅力がどうにも全開していかない。

主演者が別の俳優なら、
この展開もありえただろう。
ただ、本作は二宮の主演が企画の本筋である。
何より、彼の魅力を最大限に膨らませる話や
キャラクターづけが必要と考える。
ファンが見たい二宮だったのか。
そこが充実すれば、
より広い層の関心も増したように思う。






この記事を読んだとき、
なるほど・・・と、思いました
と同時に、
大変期待してくださってる、と感じました









多くを語らず、
目と表情で感情を表現する。
俳優ニノの演技は素晴らしい
ほんとに、心に響きます
細かく、さり気ない自然な演技
大好きです
得難い俳優です




0号試写の感想を見たとき、
ニノの出演は半分ぐらいだろうと、
思いました。
ニノもベイストで言ってましたし。
心のどこかに・・・半分ぐらいか~
みたいな感情はあったと思います。
でも、完成披露試写会を観て、
出番が少ない、とは感じませんでした。
満州から現代に戻るとき、
充くんのアップはとても印象的ですし、
微妙に目や表情が変化していく繊細な演技、
何度観ても・・・グッときます。




静と動。


登場人物も時代の描き方も淡々と進む現代。
喜怒哀楽がはっきり描かれている激動の満州時代。









2017年11月13日(月)
ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
公開記念トークショーがありました。

そして、紅白歌合戦白組司会発表!

ニノから、紅白白組司会を務めます、と、
生報告があった日でもあります。

ラストレシピと紅白白組司会
生ニノちゃん
素敵な日でしたよね・・・ふふ!



2回目のトークショーで、


こうしてみなさんの前で挨拶するのは、
これが最後で、
あらためて制作、宣伝に関わってくれた、
スタッフ、テレビ朝日の方々、
観に来てくださったみなさん、
ここにいない方も含めて、
ありがとうございまいした。



と、ニノのお礼の言葉をレポで見ました。




もう、舞台挨拶はないのね。
ちょっと寂しくなりました・・・が、
スパッとしてて・・・ふふ!
しばらくしてから、
潔さを感じるようになりました。
その潔さは、映画にも感じます。




現代と充くんをシンプルに描いているから、
実話のような感じを覚え、
エンドロールの清々しい充くんに、
迷いは感じなくて、
きっと、どこかで、
美味しい料理を作っているんだろう、
と、ほっとした気持ちになります。






ニノちゃんの存在感は、

出演時間じゃないけれど・・・ふふ!

いっぱいスクリーンにいたら!

嬉しいに決まってる





でも、ちょっとの出演でも、

観た人の心に残るからすごい!









私が映画館で観た映画は、
もののけ姫と硫黄島からの手紙がダントツでございます。
両方、上映期間が長かったこともあります。
その次にラストレシピです。
青の炎は、当時は数回しか観れませんでしたが、
復活上映でまた観ることが出来ました!
GANTZとGANTZ PAは、震災の年。
大奥、プラチナデータ、母と暮せば、暗殺教室は、
同じぐらいでしょうか。

ラストレシピ、何回も映画館に行きました。
やっぱり、心に残る映画です。
また観たくなる映画です。
きっと、観た人の心に残り続けるでしょう。
ずっと語り継がれていくでしょう。
そういう作品になっていくと思っています。

青の炎が世界に繋がったように、
ラストレシピも世界へ。
繋がったらいいな~って、思っています!



充くんのあの笑顔に会えるのは、
ブルーレイになるかな?







まだまだ・・・ラストレシピ!



上映中です






ジストシネマ伊賀上野






【情報】#二宮和也 さん主演✨#ラストレシピ ❤️
【 2月3日(土)~ 】🎦#ジストシネマ伊賀上野 で
上映決定しました❤️

※上映時間は⏰✨
決定次第お知らせ致します❤️









長々と、ラストレシピについて、
書いてしまいました。

個人的な感想でございます





素敵な作品に出会えてよかった



ニノに感謝です







キネマも日アカも・・・残念ですが


ブルーリボン賞
作品賞にノミネートされていますので、
見守りたいと思います。








記事をひとつ!




村上茉愛 東京五輪でも弾む!
“内村魂”でメダル獲り誓った

1/16(火) 6:03配信


デイリースポーツ制定「2017年度ホワイトベア・スポーツ賞」の表彰式が15日、東京都千代田区の日本プレスセンタービルで行われた。昨年10月の体操世界選手権の種目別床で女子として63年ぶりの金メダルを獲得した村上茉愛(21)=日体大=は、体操女子では初の受賞となった。

驚異の跳躍力で“ゴムまり娘”の異名を持つエースが、2020年へ弾みをつける。体操女子で初受賞した村上は「男子しか受賞してないので特別感がある。東京五輪でもメダルを獲って、またこの賞を頂けるように頑張る」と白熊のぬいぐるみをぎゅっと抱きしめた。

体操界では五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)も同賞を受賞しており「光栄」と村上。自身にとって「雲の上の存在」。世界女王となった今「昨年までは挑戦者として臨めたが、今年からは王者として勝ちにいかないといけない」と課題を設定するだけに、「内村さんは技もそうだけど勝負強さがすごい。本番で一番いい演技ができる」とキングの魂を継承する考えだ。

日本女子63年ぶりの金メダルで世界は大きく変わった。街で声をかけられる機会も増え、昨年末はNHK紅白歌合戦に審査員として出演。ファンである嵐の二宮和也とも記念撮影した。各種表彰式にも10件以上出席し「全てが初めてで新鮮。こういう機会で女子体操も知ってもらいたい」と“体操界の顔”としても労を惜しまない。

真価が問われるシーズンは3月のアメリカン杯(米シカゴ)が初戦となる見通し。「4月の全日本個人総合選手権に向けて試合慣れして度胸をつけたい」と腕をぶした。

記事ページ⇒






前、テレビ番組で、
嵐のファンと言っていました。




ファンである嵐の二宮和也とも記念撮影した。




よかったね







拍手、コメント・・・ありがとうございます









関連記事
スポンサーサイト