ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

「ラストレシピトークショー!」「紅白歌合戦白組司会!」






東京中日スポーツ



171114東京中日スポーツa


171114東京中日スポーツb

171114東京中日スポーツc





デイリースポーツ



171114デイリーa


171114デイリーb

171114デイリーc

171114デイリーd

171114デイリーe

171114デイリーf





スポーツ報知



171114報知a


171114報知b

171114報知c





スポーツニッポン



171114スポニチa


171114スポニチb

171114スポニチc

171114スポニチd





サンケイスポーツ



171114サンスポa


171114サンスポb

171114サンスポc

171114サンスポd

171114サンスポe





日刊スポーツ



171114日刊a


171114日刊b

171114日刊c
171114日刊d

171114日刊f





朝日新聞



171114朝日







ZIP!



171114ZIPa.jpg
171114ZIPb.jpg
171114ZIPc.jpg
171114ZIPd.jpg
171114ZIPe.jpg
171114ZIPf.jpg





グッド!モーニング



171114グッモニa
171114グッモニb





モーニングショー



171114モーニングショー


気概の意味





めざましテレビ



171114めざましa
171114めざましb
171114めざましc
171114めざましd
171114めざましe
171114めざましf
171114めざましg
171114めざましh



紅白の司会発表があったその日に
イベントがあって
そこでニノが紅白司会について
語るという
絶好のタイミングとなりましたね!

と、軽部さん







トークショーに参加されたみなさま

本当に、よかったですね

私も嬉しい


絶好のタイミング


生報告

直接ニノに「おめでとう!」を伝える


素敵な、2017年11月13日


忘れられない日に

なったのではないでしょうか?







トークショーと紅白記事!


たくさんアップされていますが・・・、
いくつか載せてみました!









二宮和也、『ラストレシピ』の魅力を語る 
「家族みんなで一緒に観て」


『母と暮せば』の二宮和也と『おくりびと』の滝田洋二郎が初タッグを組んだ映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の公開を記念したトークショーが11月13日、都内で行われ、二宮、西島秀俊、宮崎あおい、滝田監督が登壇した。

一度食べた味を完全再現できる絶対味覚、“麒麟の舌“を持つ主人公・佐々木充が、天皇の料理番・山形直太朗が考案した料理全席の完全再現に挑む様を、2000年代初頭と1930年代のふたつの次代を並行させて描く。

冒頭、司会から今年のNHK紅白歌合戦の司会に二宮が選ばれたと報告があると、二宮は「これで大みそかのきわっきわまで働くことが決まりました。体調管理に気を付けて頑張りたい」と紅白に向けての意気込みを語ってからトークショーはスタート。

「みなさん食べ方が綺麗ですが、特に気を付けたシーンはありますか?」との観客からの質問に、二宮は「それは意識しましたよ! 天才料理人としての気概を持って」とコメント。一方、宮崎は「私は味見係だったので。夫が作ってくれた料理っていうだけでもうれしい気持ちになるし、実際に食べて本当においしいので、その気持ちを感情のまま出せばよかった」と撮影を振り返る。

1930年代の料理人・山形直太朗役を演じた西島は、劇中で流暢なロシア語を披露。観客から「どうやって勉強したんですか?」と質問を投げかけられると、「調理場に調理人でいてくださった方が先生」と劇中にも登場している人物が指導役だったことを明かす。さらに、その人物は西島が主演を務めたドラマ『MOZU』にも出演していた人物だったようで、「その人とは『殴り合ったよね!』って話して(笑)。ものすごくやりやすかったです」と共演者たちも知らなかったエピソードを明かし、場内を爆笑の渦に包んだ。

本作について、滝田監督は「いろんな世代の方に楽しんでいただける映画だと思う」とコメント。二宮は「季節もだいぶ寒くなってまいりました。温まる映画だと思います、是非劇場で観て頂きたい、そう思います……!」と語り、「この作品を悪い映画だと言う人はいないと思う。自分の家族に置き換えてもつながる部分はあると思うので、家族みんなで一緒に観て、確かめ合っていただきたい」と自信のコメントでトークショーを締めた。

取材・文・写真:本手保行

記事ページ⇒





二宮和也 紅白単独初司会は「体調管理に気を付けたい」 
主演映画を「悪いと言う人はいないと思う」

11/13(月) 19:40配信

映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』の公開記念トークショーが13日、東京都内で行われ、出演者の二宮和也、西島秀俊、宮崎あおいと滝田洋二郎監督が登壇した。

二宮はこの日、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」で白組の司会を務めることが発表された。嵐として2010~14年に務めているが、単独では初となる。「これで大みそかのキワッキワまで働くことが決まりました。体調管理に気を付けて頑張りたい」と抱負を述べた。

映画は、約70年前に作成された幻のレシピの謎を、二宮扮(ふん)する天才料理人が追うミステリーだが、二宮の周囲では「いい意味で裏切られた。温かい話だねという人が多かった」という。

この日で観客動員数が45万人を突破したが、「この映画を悪いと言う人はいないと思う。季節も寒くなってまいりましたので、温まる映画ということで、ぜひ劇場で見ていただきたい」とさらなる動員を呼び掛けた。

西島も「珍しく両親が電話をしてきて、見て感動したと言ってくれた。世代を超えて感動していただける作品だと思う」と語り、笑顔を浮かべた。

宮崎は「さっきお世話になっている手話の先生からメールが来て、周りの人に優しく手話を教えられそうということだった。いろんな人に届く作品なんだと実感した」としみじみ話し、二宮は「素晴らしい話」とすっかり感動した様子だった。

この日は、観客から感想や質問を募った。ラストシーンで涙を流さなかったことについて聞かれた二宮は「(撮影は)泣いたら負けという空気だった。僕が演じた料理人が、1からどこまで行けるかではなく、マイナスからゼロに戻って、料理人として新たにスタートする思いを表現したかった」と説明した。

西島に対しては流ちょうなロシア語のせりふの勉強法を問う声が上がり、西島は「先生が、『MOZU』というドラマの冒頭で僕が思い切り殴っているロシア人だったんです。アクションの稽古をして絆があったから、ものすごく入りやすく、楽しくできた」と明かした。

記事ページ⇒





この日で
観客動員数が45万人を突破










ぴあ映画初日満足度調査第1位!
『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』の愛とミステリーに絶賛の声多数。
黒柳徹子も「ドキドキしてとっても面白かった」と太鼓判

2017年11月14日(火) 10:49配信

二宮和也×滝田洋二郎監督が初タッグを組んだ『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』が11月3日より公開中。共演には、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおい、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、竹野内豊ら超豪華俳優陣が出演、企画を担当する秋元康をはじめ、製作陣も日本最高のチームが集結。

70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島)が考案し、歴史の闇に消えた幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”の謎を、どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が追う物語の中で家族や親子、友人との絆を描いている。

本作を鑑賞した人からは「今までで一番涙した映画」「温かさに包まれて涙が止まらなかった」など2つの時代を超えて描かれる壮大な愛の物語に涙したり、、「終盤の展開にいい意味で裏切られた」「どんでん返しにハラハラドキドキした」などミステリー仕立てのストーリー展開についての賞賛も多く寄せられ、“ぴあ映画初日満足度調査”(11月4日ぴあ調べ)で1位を獲得した。

また、11月2日(木)に放送された「徹子の部屋」では二宮が出演したことをきっかけに、黒柳徹子も「観てすごくハラハラしました。ドキドキしてとっても面白かったです」とコメントを寄せた。

記事ページ⇒








嵐・二宮和也の主演映画『ラストレシピ』
黒柳徹子が鑑賞「ドキドキしてとっても面白かった」


人気グループ・嵐の二宮和也が主演し、『おくりびと』の滝田洋二郎監督と初タッグを組んだ映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(公開中)。2つの時代を超えて描かれる壮大な愛の物語や、ミステリー仕立てのストーリー展開が評判を呼んでおり、2日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に二宮が出演したことで同作を観た黒柳徹子も「観てすごくハラハラしました。ドキドキしてとっても面白かったです」とコメントを寄せた。

原作は、テレビ番組『料理の鉄人』を手がけた作家・田中経一氏の小説。70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案し、歴史の闇に消えた幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”の謎を、どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が追う物語の中で家族や親子、友人との絆を描く。

秋元康氏が企画し、脚本を『永遠の0』(13年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した林民夫氏が担当。“ぴあ映画初日満足度調査”(11月4日ぴあ調べ)では第1位を獲得し、パソコンと携帯を使ったWEB初日アンケート結果によると、作品の満足度は97.9%、96.6%が作品を「人にすすめる」と回答。年代別では、ローティーンからシニア層まで幅広い世代に支持された(東宝・初日アンケートより)。

記事ページ⇒








嵐・二宮、映画イベントで紅白司会意気込み
「キワキワまで働く」


人気グループ・嵐の二宮和也が13日、都内で行われた映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』公開記念トークショーに出席した。この日、二宮は大みそか恒例『第68回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45)の白組司会に決定したことが発表されたばかり。「これで(仕事を)納めるのが、12月31日のキワキワまで働くことが決定しました。体調管理に気をつけて頑張ります」と意気込みを語った。

映画上映後のイベントとあって、紅白司会決定がMCから報告されると会場のファンからはどよめきと大歓声が沸き起こった。祝福の嵐に二宮は椅子から立ち上がって「ありがとうございます」と照れくさそうに何度かお辞儀。単独としては初となる大役に気持ちを新たにしていた。

同作は70年前に天皇の料理番が考案した歴史の闇に消えた幻のフルコース“第日本食菜全席”の謎を、どんな味でも再現できる絶対味覚=麒麟の舌を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が追うヒューマンミステリー。

このほかには共演の西島秀俊、宮崎あおい、滝田洋二郎監督らが登壇。二宮は締めで自分より前にあいさつした宮崎を引き合いに「あまりにもあおいちゃんの話が素晴らしくて自分はなんて浅い人間なんだろう」と自虐して笑いを誘いながら「この映画を悪くいう人はいないと思う。自分の家族に置き換えてもつながる部分もあると思うので、ご家族でぜひ確かめて合ってほしい」と呼びかけていた。

記事ページ⇒








紅白総合司会の内村光良らに期待
NHKが起用理由明かす


『第68回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45)の総合司会がウッチャンナンチャンの内村光良(53)、紅組司会が有村架純(24)、白組司会が嵐の二宮和也(34)に決まった。13日にNHK制作局エンターテインメント番組部の井上啓輔部長は、3人の起用理由などを説明した。

総合司会の内村については「『LIFE!』でこれまでになかった新しい風をNHKに吹き込んでくれました」と活躍を上げ「さまざまな番組での司会経験を存分に発揮していただき、今年の紅白全体を盛り上げていただきたいと考えています」とコメント。

有村については「2年連続2回目の紅組司会となります。今年は、連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン・谷田部みね子として、日本中に笑顔と夢を届けてくださいました」と明かし「きっと紅組を力強く引っ張っていただけるものと考えています」と期待を寄せた。



対する白組の司会を担当する二宮には「嵐として、そして俳優としての実績はもちろんのこと、バラエティー番組などの司会でも人気を集めています」と起用理由を説明。「嵐のメンバーとしては、第61回から65回まで5回の白組司会を担当されていますが、1人での紅白の司会は初。持ち前の明るく親しみしやすいキャラクターで、白組を盛り上げていただきたいと考えています」と思いを伝えた。



有村は2年連続の紅組司会、二宮は嵐として2014年まで5年連続で司会を務めたが、単独で初。内村は、第49回の紅白歌合戦で、音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして出場したが、総合司会は初となる。

内村も同日、同局を通じて「この話を聞いた時、本当に驚きました。全くの予想外の事でした。すごく緊張するだろうと思いましたが、貴重な機会なのでお受けしようかと。そして、紅白の総合司会とは一体どんな総合なのか、総合的に体感してみようと思います」とコメント。

有村も「今からすでに緊張していますが、内村さん、二宮さんのお力をお借りしながら、2017年楽しく締めくくれるように頑張りたいと思います! よろしくお願い致します」とメッセージし、


二宮は「昨年から歌い継がれた夢を、今年も歌手の皆さまに紡いで頂き、沢山の夢の数々を来年に…。笑って2018年を迎えましょう」と呼びかけている。


番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、昨年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。

これまでの紅白対戦成績は、昨年は紅組勝利で、紅31勝、白36勝。

記事ページ⇒








ビフカツ!






映画#ラストレシピ でビフカツが登場してるので、
最近それを求めて来られる方増加中
見たくなってきた







お腹すいちゃう!

観終わったあとは、食べたくなっちゃう!








昨日の夕方6時のNHKニュース



171113NHKa.jpg
171113NHKb.jpg
171113NHKc.jpg
171113NHKd.jpg




昨日、
夜7時のNHKニュースはなかったけれど
夜9時のニュースで流れました!
内容は同じでした!






ニノちゃん


紅白歌合戦
白組司会




おめでとうございます






ほんとに、びっくりしました




楽しい紅白になりそうです







昨日の二回目のトークショー


こうしてみなさんの前で挨拶するのは、
これが最後で、
あらためて制作、宣伝に関わってくれた、
スタッフ、テレビ朝日の方々、
観に来てくださったみなさん、
ここにいない方も含めて、
ありがとうございまいした。


ニノのお礼の言葉を見ました





そっか、もう、舞台挨拶はないだね



ちょっと寂しいけれど




でも、この映画は、きっと、
観た人の心に残り続ける。
ずっと語り継がれていく。
そういう作品になっていく。


じわじわと、広がっていくだろう、と!

思っています



願っています






映画の番宣も無事終わって・・・ふふ!
どの番組も、ほんと楽しかった!
雑誌も全部良かった!






ツアーがはじまる♪
年末の歌番組♪
年末年始のレギュラー番組!
ニノさんもある!



映画「ラストレシピ」
紅白歌合戦♪



まだまだ、忙しいニノちゃん


健康を願っています









目立つと叩かれる。
でも、ニノは、
目立っても目立たなくても、叩かれる。
ずっとそうでした。
アンチも認める人気と実力
本物、スターだもの・・・ふふ!





映画大ヒット!
紅白歌合戦大成功!





全力で応援します!






ラストレシピトークショー♪
紅白歌合戦白組司会ニノちゃん♪



スポーツ新聞とワイドショー!
ネット記事など・・・まとめてみました!






12日のベイストで♪


今度の金曜日、17日からね?
ドームツアーも始まると、いうことで。
始まったらもうね、年末。
いやもうもう今年終わってます。
みなさん、ほんとに、一年ありがとうございました。
またね、来年も、よろしくお願いします。
そしてベイストームも、
すごいっすよね、ほんとに、ぎりぎりまでやってますよね。
大変だな~
まあ、大変だなぁと、言いながらも、
たぶん、あっという間に、
もうこっから、終わってっちゃうね?
うん。
みんなは、どうか知らないけど、
オレは、あっという間に終わっていくよ。
ね~
体調だけは気をつけないといけませんね、ほんとにね。


と、言ってました!




もう、この収録のときは、
紅白司会・・・決まってたのかも?



そして!
来年もなにかありそう!

予感がする・・・ふふ!




これからのニノちゃんごと!


楽しみですね





拍手、コメント・・・ありがとうございます!







関連記事
スポンサーサイト