ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

「SKY WARD」「ラストレシピスポットCM」「マナブ予告!」




JAL



171110JALa.jpg




届きました!





171110JALb.jpg
171110JALc.jpg
171110JALd.jpg




4ページ記事!





俳優としてのキャリアのなかで、
大きな影響を受けた作品はあるのだろうか。

そう尋ねると、
しばらく宙をにらんだ後、
懐かしそうに「硫黄島かな」と答えてくれた。
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、
2006年に公開された映画『硫黄島からの手紙』だ。


「自分の頭のなかがある一定の形に
固まりつつあった頃、
柔らかくしてくれた作品ですね」


オーディションを受けて渡ったアメリカは、
嵐での活躍やこれまでの実績が
まるで考慮されない世界だった。
撮影現場では一人の見知らぬ東洋人アクターでしかない。


「最初、信用されていないな、
という感じがヒリヒリと伝わってきたんです。
こいつで大丈夫なの?って。
そこから認められて、
仲間として受け入れられた。
この感覚は日本では経験できないことでした。
既に認知していただいて、
気を使っていただくことが多い日常になっていて。
それがリセットされたんです。
別に望んでいたわけじゃないんですけど、
結果的によかったですね」


ハリウッド式の演出や撮影方法も独特で、
刺激を受けたという。


「日本ではそれ許されないよね、
ということが結構あって。
これまでとは違う体験をして
世界が広がったせいか、
それ以降はいろいろなことを受け入れやすくなりました。
作品をよくするためのアイデアがあれば、
自分から積極的にプレゼンすることも増えましたし」


思ったことや感じたことを口にするのは簡単なこと。
でも撮影現場にはさまざまな立場あり、
それぞれの責任がある。
意見を言うからには相手の理解が得られるよう、
ちゃんと理由を交えながら話すようになったという。





まだ嵐としての活動を始めたばかりの頃、
二宮さんはある言葉に出合った。
話してくれたのはドラマで共演した、
いかりや長介さん。


「一緒に死んでくれる人を見つけなさい。
そう言われたんです」


いわく、これから人気が出て、
必ずちやほやされる。
そして、一緒に生きながらえようとする人が出てくる。
でもそれは仕方がないこと。
大切なのは、損得なしで
自分と仕事をしたい人にどれだけ出会えるか。


「当時は10代で、
ちゃんと理解できていなかったかもしれない。
でも、心にずっと残っていた。
最近、嵐のメンバーは
そんな存在じゃないかと思っているんです」


いつもの涼やかな瞳の奥に、
温かい光が浮かんでいた。




JAL「SKY WARD」ニノインタビュー記事を、
抜粋いたしました。







171110JALg.jpg




若いときに、
ニノはアメリカに渡ることが出来て、
ほんとに、良い経験をしたな~って、思う!

日本での実績が通用せず、
今までの感覚や経験を一度リセット出来て、
アメリカの感覚をつかみ、世界が広がった!



自分の力で、
俳優二宮和也を、
アメリカに刻んできた!




主演と助演のノミネート候補、
予想に名前があがったのだから!



改めて、すごいな~って、思う!






再びアメリカへ。
そう願うファンは多いと思う。


いつか・・・、
そういうときが来ることを願っています








大切なのは、損得なしで
自分と仕事をしたい人にどれだけ出会えるか。




最近、嵐のメンバーは
そんな存在じゃないかと思っているんです





損得なしの出会い

ニノの周りにはたくさんいる感じがします!











昨日、
ラストレシピの新スポットCMを載せましたが、
ちょっと、ざっくりすぎたので、
改めて、載せてみました!



17119スポットCM1
17119スポットCM2
17119スポットCM3
17119スポットCM4
17119スポットCM5
17119スポットcm6
17119スポットCM7
17119スポットCM8
17119スポットCM9
17119スポットCM10
17119スポットCM11





伝わって欲しい




ほんとに、素晴らしい映画だから




たくさんの人に観てもらいたいです










相葉マナブ予告




17119マナブa



可愛い




17119マナブb
17119マナブc
17119マナブd
17119マナブe
17119マナブf
17119マナブg
17119マナブh
17119マナブi
17119マナブj






11月12日(日)夜6時から!




楽しみ









JAL雑誌!
スポットCM!
マナブ予告・・・でした!






関連記事
スポンサーサイト