ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

明日!






アサデス。










アルバムでしょうか?





明日は『「untitled」』発売日!






テレビ誌も発売です!





テレビステーション!














こちらは明後日発売!




「二宮和也を作るためのレシピ」とは、こういう特集です。
いよいよ明後日発売!!



すでに発売前から大きな反響をいただいております、CUT11月号の表紙巻頭特集「二宮和也を作るためのレシピ」。
俳優であり、嵐の一員である二宮和也の、表現者としてのコアな部分はどこにあるのか。
この特集では彼の過去の発言から、下記の10個のキーワードについて語ってもらいました。


① 対等に喋る
② 断らない
③ 何をするかわからない危うさ
④ 一発勝負
⑤ 我慢
⑥ 先入観を捨てる
⑦ 身を委ねる
⑧ 意表をつく
⑨ 自信
⑩ 放任される


なぜ、こうしたキーワードを選んで語ってもらったのか。その理由を書いた特集のリード文を先に公開します。10月19日の発売を、ぜひ楽しみにお待ちください!!



二宮和也のインタビューは正直、一筋縄ではいかない。
自らがどのような考え方でひとつひとつの仕事や表現に向き合っているかについての、インタビュアーの解釈に対して、安易には頷かないのである。
でもそれは決して、彼が捻くれていたり頑固だということではない。
二宮和也のやることには、ひとつひとつ明確な理由があり、それについて語り合うならば、そこには必ず正解があるということだ。
むしろ、いかなる取材の場においても彼は、その正解を探ることに対して真正直で潔く、そしてどこまでも丁寧な姿勢を貫いている。
そんな彼の中にある正解を、濃密に言葉を交わしながらひとつひとつ見つけていく作業は簡単ではないけれどとても楽しく、僕はその時間が好きだ。
逆に言うと、そのいくつもの正解を集めていくと、二宮和也という表現者/パーソナリティの全体像が浮かび上がるはず。
そんな思いから、過去のインタビューで彼が答えたキーワードを10個選び、それらについて改めて彼自身に語ってもらいたいと思って立てたのが、この「二宮和也を作るためのレシピ」という企画である。
かつて自らが語った言葉に、彼は揺るぎない責任と確信と自信を持っているので、発言してからそれなりの時間が経っていたとしても、そこには一切のブレがない。
だから彼はここで、まるで一流の料理人が鮮やかで無駄のない手さばきでフルコースを仕上げるかのように、淀みなく「二宮和也の真実」を語りきってしまった。
どうかすみずみまでたっぷりと、その奥深い魅力を味わってほしい。(古河晋)

記事ページ⇒






楽しみだ!!!!!












関連記事
スポンサーサイト