ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

「ラストレシピ/雑誌」「台湾人の好きな日本の男性グループ」




ラストレシピ/雑誌!


3冊増えたので!




10月10日(火)から発売の雑誌を、
まとめてみました



追加は「NEW!」とつけました!






10月10日(火)発売!

ザテレビジョンCOLORS vol.33
AUTUMN RED
表紙&巻頭グラビア
二宮和也
深く、豊かに、味わう秋






10月12日(木)発売!

+act. 11月号
表紙&巻頭特集
二宮和也

完全独占!
撮り下ろしポートレイト&ロングインタビュー!
映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』で
更なる演技の凄みを見せつけた二宮の役への向き合い方

イメージを飛び越える二宮和也の表現力
原作者・田中経一/監督・滝田洋二郎




BAILA 11月号
インタビュー 二宮和也(嵐)6p



HERS 11月号
インタビュー 二宮和也×西島秀俊






10月13日(金)発売!

QLAP! 11月号
二宮和也&滝田洋二郎監督
完成披露&試写会レポ






10月14日(土)発売!

シアターカルチャーマガジン「T.」
表紙 二宮和也



TOHOシネマズマガジン
インタビュー 二宮和也






10月18日(水) 発売!

テレビステーション
二宮「ラストレシピ」裏側






10月19日(木)発売!

BARFOUT! 266
表紙 二宮和也

FRONT COVER STORY
二宮和也 KAZUNARI NINOMIYA 12ページ



CUT 11月号
表紙 二宮和也






10月20日(金)発売!

キネマ旬報 11月上旬特別号
特集前篇:西島秀俊×宮﨑あおい
滝田洋二郎監督インタビュー



non・no 12月号






10月21日(土)発売!

FLIX(フリックス)12月号
表紙 二宮和也






10月23日(月)発売!

GINGER 12月号






10月24日(火) 発売!

GOETHE (ゲーテ)12月号
表紙 二宮和也





NEW!

婦人公論
カラーグラビア&インタビュー
嵐の僕とは違う役者の顔
二宮和也

次号予告より





11月1日(水)発売!  

家庭画報 12月号
インタビュー 二宮和也×西島秀俊




ぴあ Movie Special 2018 Winter
二宮和也&滝田洋二郎監督




NEW!

SKYWARD国際版 11月号
On My Journey~旅の途中~
二宮和也


スカイワード11月号⇒





11月4日(土)発売!

キネマ旬報 11月下旬号
表紙&グラビアインタビュー 
二宮和也
二宮和也×綾野剛 対談






11月7日(火)発売!

ESSE 12月/2018年1月合併号
スペシャルインタビュー
二宮和也



Marisol 12月号
LIFE 二宮和也



S Cawaii! 12月号
Close-up 二宮和也






NEW!

11月15日(水)発売! 

ロケーションジャパン
「ラストレシピ 」に教わるスペシャルグルメ

次号予告より








ニノ表紙



17108ラストレシピ




美しい





表紙も記事も素晴らしくて



嬉しい












記事をひとつ!



「台湾人の好きな日本の男性グループ」ランキング、
1位は国民的グループ、人気ロックバンドも登場―台湾


2017年10月6日、「台湾人の好きな日本の男性グループ」を選ぶネット調査で、国民的アイドルグループの嵐がトップに選ばれている。聯合報が伝えた。

台湾のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が、


昨年9月からの1年間を対象に、SNSユーザーの声やニュースサイトに取り上げられた回数といったデータを集計したもの。「台湾人の好きな日本の男性グループ」で堂々1位に選ばれたのは国民的グループの嵐で、人気指数では2位に倍以上の差をつけた。グループとしてだけでなく、メンバーそれぞれの個性的な魅力に引かれる台湾のファンも多い。


2位は4人組ロックバンドのRADWIMPS。アニメ映画「君の名は。」の主題歌によって台湾の若者の間でも広く知られるようになった。

3位はロックバンドのONE OK ROCK。台湾でも数回ライブを開催しているが、最も話題になったのは昨年1月に開催された台北アリーナライブだった。あまりの人気ぶりに追加公演が決定し、台北アリーナで日本のバンドが2日間公演を行うのは初となった。

4位と5位に登場したのは、90年代から現在まで、台湾でも根強い人気を持つKinKi KidsとV6だった。かつて流行語になった「哈日族(日本大好き)」な若い女性たちが、こぞって熱を上げた代表的なグループだ。

6位~10位に登場したのは、Hey!Say!JUMP、KAT-TUN、TOKIO、ロックバンドのポルノグラフィティとflumpoolだった。特にポルノグラフィティとflumpoolは、台湾が誇る人気ロックバンド・Mayday(メイデイ)との関わりが深く、flumpoolの中国語名「凡人譜」はMaydayのメンバーが命名したもの。ポルノグラフィティの岡野昭仁はMaydayと楽曲「SONG FOR YOU」でコラボしている。(翻訳・編集/Mathilda)

記事ページ⇒







嵐さん

ジャニーズ




大人気










ラストレシピ雑誌まとめ!
台湾人の好きな日本の男性グループランキング!
でした!





拍手、コメント・・・ありがとうございます









関連記事
スポンサーサイト