ボクの見ている風景

ニノゴト中心。たまにアラシゴト。

いろいろ!






ゲットしてきました




17419初回




楽しみ







先週のTVガイド



ニノインタビュー




17412ガイドa
17412ガイドb
17412ガイドc



可愛い






17412ガイドc1
17412ガイドc2





いつも自分のそばにあるものは・・・携帯かな。
ゲームも携帯に入っているし、
仕事のメールが来るし。



家での一番のリラックスタイムは、
お酒を飲みながらゲームをしている時。
これに尽きるね(笑)!
でも、目的が達成したらその日はやめるし、
一晩中やったりっていうことはしないよ。
生活リズムで一晩中ゲームをやるのは
効率的じゃないからね。





パズドラ




お酒を飲みながらゲーム




楽しそうだね・・・にのみ







17412ガイドe


可愛い





17412ガイドd


横顔・・・素敵











Mr.CG登場篇15秒



1741915a.jpg
1741915b.jpg



めざましテレビで・・・録れました











記事をひとつ!







30歳にもなって「家族」をテーマにした映画に弱い
映画で人生が動いた瞬間



30歳にもなって、「家族」をテーマにした映画に弱い。いや、30歳になったからこそ、「家族」をテーマにした映画に弱くなったのかもしれない。


山田洋次監督作品『母と暮らせば』は、第二次世界大戦から3年後の長崎を舞台に、既に死んでしまった浩二とその母親を描いた作品だが、まさにこの共依存関係を如実に捉えている。表している。

二宮和也演じる浩二と吉永小百合演じる伸子。ふたりの狂気を感じるまでの親子愛は、死んでしまった人を惜しむ気持ちのそれとは一線を画しているようにも思え、僕らに死を乗り越えて自立することの大切さを強烈に訴えかける。

一方、劇中で出てくる小学校2年生の女の子が、父親がなくなったことを役場で聞かされるものの、「私には二人の妹がいて、母親もいないから、私が一番しっかりしなきゃいけない。だから泣かないと決めている」と言い切るシーンは、母親に向かって泣いてばかりの浩二とのギャップを克明に描く。
(文:カツセマサヒコ)

記事全文はこちら⇒






今年の夏、地上波に登場するでしょうか?


期待しております







新曲発売♪
先週のTVガイドニノインタビュー!
Mr.CG登場篇!
記事をひとつ・・・でした!







ニノちゃんクイズ
大丈夫ですよ~
お気になさらないで下さい
野望・・・楽しかったですね







拍手、コメント・・・ありがとうございます






関連記事
スポンサーサイト