FC2ブログ

電車に乗るシーンで!











オールアップして数日。
いまだに撮影が続いている感覚で色々思い出します。
吉永さん、黒木さん、浅野さん、加藤さん、広岡さんは教会で、
二宮さんは電車に乗るシーンでクランクアップしました。
写真はその撮影の様子です。






ニノは・・・電車に乗るシーンでクランクアップ





青い空と緑色の電車





路面電車でしょうか・・・?





検索してみたら・・・クリーム色と緑色の電車の画像がありました



可愛い






絵も・・・とっても可愛い




素敵な絵






電車に乗るシーン!

8月9日の朝・・・でしょうか








クランクアップのシーン!


楽しみです!











今日の公式さん







スポンサーサイト



ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/17 23:55 ] 映画 母と暮せば | TB(-) | CM(-)

新CM&メイキング公開!





日立サイト!
日立はエコにたし算



ニノニュートン



新CM「パワーブーストサイクロン ニュートンの吸引力」公開

メイキング映像も公開してます

日立はエコにたし算サイト⇒





昨夜「VS嵐」で・・・30秒CMが流れました


717日立a
717日立b
717日立c
717日立d

いてっ




可愛い




吸引力



717日立e




きりりとして・・・ふふ!

哲学者も似合うね








そして!


爽やか・・・日清オイリオ



717オイリオa
717オイリオb


フライ・デーキャンペーン実施中!・・・と、言ってます




昨日の朝、観て・・・最後が変わってるのに気付いて!
夜、テレ朝の8時からのドラマで・・・録れました!






オイリオニノは・・・ほんと、涼しげです
暑苦しくないのよね!
夏に揚げ物!
からっとして・・・とっても美味しそう!

ニノが言うから・・・食べたくなる







ニュートンにのみは・・・シックで素敵







どっちも・・・可愛い






ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/17 20:23 ] CM 日立 | TB(-) | CM(-)

「彼、いいよなぁ。いいだろう?」



717映画雑誌a





「シネマスクエア」


717シネマスクエアa

717シネマスクエアb

717シネマスクエアc





続いて、坊ちゃん刈りに学生服姿の二宮も加わってのシーンに移行する。
まずはセリフのやりとりから始まり、
やはり少しずつ山田監督が吉永と二宮に芝居をつけていく。
単にセリフを言うにとどまらず、
時に身を乗り出したり、
「おにぎり」という単語に併せて手で握る仕草など、
台本のト書きにはなかった動きを加えて、
生きた動作へブラッシュアップさせていくのだ。
それによって、会話の機微がさらに深まる。
これぞ、まさしく、山田洋次演出の真骨頂。
吉永と二宮も全神経を集中させて、
茶の間での1シーンに情緒を注ぎ込んでいく。
迎えた本番、長崎弁のアクセントもあいまって、
母子の交わす会話は行間に至るまで滋味深さが染み渡るものとなった。
いったん休憩を挟むことになり、
吉永と二宮がセットを離れる。
穏やかな談笑をしながら歩くふたりの姿がとても微笑ましい。
作品の完成が待ち遠しくなった。





山田監督の演出

台本のト書きにはない動きを加え、
生きた動作へブラッシュアップさせていく。
それによって、会話の機微がさらに深まる。




会話の機微がさらに深まる!




まさしく、山田洋次演出の真骨頂




吉永さんとニノも全神経を集中させ、
茶の間での1シーンに情緒を注ぎ込んでいく。




1シーンに情緒を注ぎ込む!




本番、
長崎弁のアクセントもあいまって、
母子の交わす会話は行間に至るまで滋味深さが染み渡るものとなった!





丁寧で、そして、細やか!
イメージを具現化するすごさ!


山田監督の演出についていくには、
イマジネーションが必要だな~って・・・思いました!





監督から芝居をつけられて、
即反応出来る・・・想像力と
度胸と集中力
そして・・・柔軟性


ニノの演技力の高さは・・・知っているけれど



717シネマスクエアd


二宮の呑み込みの早さだ。
山田洋次監督の細やかな指示と要求を瞬時に理解し、
芝居へと落とし込んでいく。
段取りの回数を重ねるごとに厚みを増していく二宮の表現力に、
山田監督も想像以上の手応えを感じた様子。
「彼、いいよなぁ。いいだろう?」と、
スタッフ陣に同意を求めていた。
一方、吉永は二宮のセリフ覚えの早さに舌を巻いたとのこと。
日本映画界のレジェンドふたりも認めた二宮の力量が、
遺憾なく発揮される作品となりそうだ。





山田監督から!


「彼、いいよなぁ。いいだろう?」



巨匠からの・・・お褒めの言葉




ニノの演技の力のすごさは・・・知っているけれど
でも、また・・・きっと

進化しちゃってるんだね



俳優二宮和也くん



すごの魅せてくれるんだね・・・わ~い





大女優吉永さんも・・・ニノのセリフ覚えの早さに舌を巻いた、と、
嬉しいお言葉





二宮の力量!

遺憾なく発揮される作品となりそうだ




胸が熱い


幸せ





すでに色んな雑誌に載ってますが、
キャスティングのこと・・・榎Pの言葉も!

717シネマスクエアe





「シネマスクエア」4ページ記事






「シネマシネマ」


717シネマシネマa
717シネマシネマb



717シネマシネマc

犬童監督が見学に来た日に取材だったのね!




717シネマシネマd



地震!

全く冷静だった二宮だが、
監督、吉永の無事を確認すると安心した様子の表情に。
こんな珍しいアクシデントにも、
みじんも揺るがないチームワークを目撃できたことはある意味貴重であった。
悲しくも果てしなく優しい、山田流ファンタジー。
新たなる名作誕生の予感だ。




新たなる名作誕生の予感!





わくわくします





「シネマシネマ」4ページ記事






「QLAP!」


717QLAP!a


717QLAP!b

浩ちゃん、泣いたらダメよ。
泣くとあんた消えてしまうから





浩ちゃん





717QLAP!c

けん玉師匠



717QLAPd.jpg


学ラン姿
白衣姿
寝間着姿


昭和の学生のリアルな姿をたっぷり見せてくれる





717QLAP!e


芸術や文学に興味を持ち、
将来は小説家や映画監督を夢見ていた生前の浩二の部屋には、
映画のポスターや本など、文学青年らしい趣味嗜好の物がたくさん。




浩二くんの夢




夢がいっぱいあったのに!
一瞬にして・・・消えてしまう!


本当に・・・悲しいことです





「QLAP!」2ページ記事!







そして・・・「IN POCKET/インポケット」


717INPOCETa.jpg


文庫サイズの小さな本です。


717INPOCETb.jpg


こまつ座
井上麻矢さんのインタビュー記事が載ってます!




こまつ座のこと!
舞台「父と暮せば」のお話!
映画「母と暮せば」誕生のお話・・・などなど!





少しだけ・・・ほんの一部を!


戦争や、震災のような大きな天災ではなくても、
大切な人を亡くし、その死を心に受け入れていくという行為には、
他人には計り知れない時間と覚悟が必要になりますね・・・




私も監督から言われるまで気づいていなかったんですが、
父である井上ひさしの死を受け入れるということが、
私の場合はこまつ座を受け継いでいくという決意でもあったのだと思います。
監督はおっしゃってるんですよ。
奥様とはずっと今も一緒に暮していると。
奥様、もう亡くなってらっしゃるんですけれど・・・。
それは別に霊を見ているということではなくて、
その人の魂と融合して共存しているみたいな感覚なんじゃないでしょうか?




先日も、監督から電話があって、
「あのときの戦争体験をして生き残った方はみんな、
自分が生き残って申し訳ないという気持ちを抱いている。
東日本大震災の時もそういう方が多いと聞く。
あの人は死んでしまったのに自分は生き残ってしまった、と。
でも、それを「母と暮せば」の母のなかに表現したいんだけれど、
セリフがうまくかみ合わないんだよ、どうすればいいかな」と聞かれました。
私は偉そうなことは言えませんから、「父と暮せば」の中ではこういう描写があって、
父はこういうふうに書いてましたとお伝えしました。
すると、「ああ、もう一回読み直してみよう」とおっしゃって、
実際すぐに読み直してくださったんだとか。
朝、撮影所に入ったら早速、新たに二行ぐらいのセリフを足したんだそうですよ。




記事を抜粋しました!





井上さんインタビュー記事は・・・14ページ!
こまつ座さん作品ガイドが・・・8ページ!
舞台広告ページが4ページ!


その中に、「母と暮せば」も


717INPOCETc.jpg




モノクロ広告も雰囲気があるな~って・・・ふふ!
小さくて可愛い広告です









どの雑誌も・・・いいですね!
映画雑誌はお写真もテキストも・・・重なってますが!
でも、それぞれに、他にはない言葉があって!
読み応えたっぷりです!

とっても良かった!







改めて!
ニノがこの作品に出演することが嬉しい





楽しみですね!







映画雑誌など・・・「母と暮せば」記事をまとめてみました!







  






拍手、コメント・・・ありがとうございます               







ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/17 19:45 ] 映画 母と暮せば | TB(-) | CM(-)

7月12日付!




「長崎新聞」が・・・届きました!


1面記事です!



712長崎新聞a




「長崎の人に特別な映画に」
母と暮せば 山田監督
黒崎教会でラストシーン撮影


長崎原爆を題材にした山田洋次監督の新作「母と暮せば」の長崎ロケが7月上旬に始まり、
10日、長崎市上黒崎町の黒崎教会で報道陣に公開された。
山田監督が「このシーンはどうしても長崎の教会で」と熱望した撮影。
吉永小百合さんや二宮和也さんら主要キャストが勢ぞろいし、
映画の完成に向けて熱が入った。
ロケは市内で約1週間予定。
長崎でクランクアップを迎える。
この日は、親子を演じる吉永さんと二宮さんが教会の中を寄り添って歩くラストシーンを撮影、
教会の信徒ら地元のエキストラ約60人も参加。
妥協のない丁寧な演出で、感動的なカットを重ねた。
会見で、山田監督は
「この教会の歴史がそのまま映画に映るようであってほしいと思いながら撮影している。
両親、親戚が被爆者という人が長崎にはたくさんいるんじゃないかと思う。
そういう意味で、長崎のまちの人たちにとって特別な映画になるかもしれない」と語った。
吉永さんは「長崎の方の思いというものを(この映画で)
少しでも日本中の皆さんに知っていただきたい」、
二宮さんは「卒業旅行じゃないけれど、
最後にこの長崎という地で撮影をでてきて良かった」と笑顔。

二宮さんの元恋人役の黒木華さんは「長崎に来られたことが一番うれしい」と述べた。
映画は、原爆投下から3年後の長崎を舞台に、
母伸子の前に被爆して亡くなった息子浩二の霊が現れるというファンタジー。
松竹120周年記念作品で、長崎新聞社も製作委員会に参加している。
撮影は4月下旬に東京で開始。12月12日に全国公開する。





ニノのコメントもありました




712長崎新聞b





記事自体は大きくはないけれど・・・長崎新聞1面に掲載されています!
黒崎教会での撮影シーン、吉永さんとニノのお写真とともに!







こちら!


東京新聞web

【放送芸能】
戦後70年 戦争映画続々 静かなる演出 迫る真の恐怖
2015年7月16日 朝刊

戦後70年の今年、「戦争」や「戦後」を見つめ直す映画が続々と公開される。かつての戦争映画のように、激しい戦闘シーンを売りにした作品は姿を消し、格好いいヒーローも出てこない。空襲におびえ不自由な生活を強いられる庶民や、米軍の攻撃を逃れてジャングルをさまよう兵士たち…。そこでは戦争の愚かさや悲惨さが描かれる。安全保障法制をめぐる議論が沸騰する今、あらためて戦争について考える機会にしてはどうか。 (浜口武司、前田朋子)

東映は六月、戦後七十年記念作品「おかあさんの木」を公開。「戦場ではなく、銃後の人々を描いた作品はほとんどなかった」と、七人の息子を兵隊に取られた母親を主人公にした。

松竹は、無条件降伏までの葛藤の日々を描いた半藤一利著「日本のいちばん長い日」を映画化。同作は一九六七年に故岡本喜八監督により製作されているが、このときは存命だった昭和天皇への“配慮”なのか、天皇役の俳優の顔を映さない演出をした。今回の原田真人監督版では本木雅弘が苦悩する等身大の天皇を演じる。

「この国の空」は、若い男たちが出征した東京で、妻子ある男性に恋する女性を二階堂ふみが演じる。

「ソ満国境 15歳の夏」はソ連との国境近くに置き去りにされた満州(現・中国東北部)の中学生たちの物語を松島哲也監督が映画化した。東日本大震災と原発事故で故郷を追われた福島の中学生の姿をオーバーラップさせた。松島監督は「いつの時代も犠牲になるのは子ども。少しでも多くの人に考えるきっかけにしてほしい」と話す。

ノンフィクション作品も豊富だ。米軍普天間飛行場の移設問題で揺れる沖縄を題材にしたのは「沖縄うりずんの雨」と「戦場(いくさば)ぬ止(とぅどぅ)み」。戦後、沖縄が負わされたさまざまな問題に関係者の証言などで迫る。「“記憶”と生きる」は日韓の歴史問題となっている韓国人の元慰安婦たちに肉薄する。



◆「母と暮せば」主演・吉永小百合 「長崎の方の思い伝えたい」

山田洋次監督の新作映画「母と暮(くら)せば」(12月12日公開)のラストシーンの撮影が、
長崎市の黒崎教会で行われた。
原爆投下から3年後の長崎が舞台の親子の物語。
主演の吉永小百合は「戦後70年の年にこの作品に出演でき感無量。
長崎の方々の思いを少しでも日本中の皆さんに知ってもらうことを願っています」と話した。

「母と暮せば」は、長崎で助産師をする母親の前に、
原爆で亡くなったはずの息子が突然現れるところから始まる。
広島の原爆を描いた故井上ひさしさんの戯曲「父と暮せば」と対をなす作品で、
井上さんが生前タイトルだけ決めていた企画を山田監督が引き継いだ。

原爆詩の朗読をライフワークとし、
原爆がテーマの映画に主演するのは3作目という吉永。
黒崎教会では、実際の信者らのエキストラが歌う聖歌が流れる中、
息子役の二宮和也と一緒に歩くシーンを撮影した。

吉永は二宮について「本当の私の息子じゃないかと思うくらい、
ぴったりと寄り添うことができた」と笑顔。
二宮も「すごく優しいお母さん。一度カットの後に抱きしめてくれた」と撮影秘話を披露した。


山田監督は6月中旬、東京都内での取材で、
憲法改正の動きや安保法制をめぐる現在の政治状況を「非常に怖いと思っている」と語った。
映画の始まりには原爆の場面も描かれる。
だが、「爆発や爆音の再現では本当の怖さが出ない」と、
表現や音響に工夫を凝らすという。「今年公開することになったのは偶然だが、
結果として戦後70年にふさわしい作品にしなければ」と強調した。


東京新聞web

東京新聞web記事⇒





今日の朝日新聞朝刊に!

717朝日新聞

監督と吉永さん、おふたりのお名前がありました!







こちら!


歌舞伎公式サイト
歌舞伎美人(かぶきびと)

最新映画のナビゲーターとして松也が登場
2015年07月16日

7月11日(土)から、全国の松竹系映画館で、
映画予告編上映の前の松竹作品のナビ番組がスタート。
今回のナビゲーターとして尾上松也が登場しています。


松竹の最新映画を紹介するナビ番組で、
9月11日(金)まで、作品の魅力などを語っているのが松也です。
映画館でしか見られない映像ですので、
ぜひ、シネマ歌舞伎など松竹系映画館での鑑賞の際は、
本編前の上映に間に合うよう、余裕を持ってお出かけください。



■7月11日(土)~9月11日(金)上映予定
特集作品紹介(2015年公開作品)
8月8日(土)公開 『日本のいちばん長い日』
9月12日(土)公開 『天空の蜂』

2015年松竹ラインアップ作品紹介(2015・16年公開作品)
10月17日(土)公開 『アデライン、100年目の恋』
11月7日(土)公開 『グラスホッパー』
11月21日(土)公開 『劇場霊』
12月12日(土)公開 『母と暮せば』
3月12日(土)公開 『家族はつらいよ』


■ナビ番組上映館
MOVIX仙台
MOVIX利府
MOVIX伊勢崎
MOVIX宇都宮
MOVIXつくば
MOVIX柏の葉
MOVIXさいたま
MOVIX三郷
MOVIX川口
MOVIX橋本
MOVIX亀有
MOVIX昭島
新宿ピカデリー
丸の内ピカデリー
東劇
MOVIX清水
MOVIX三好
神戸国際松竹
MOVIXあまがさき
なんばパークスシネマ
大阪ステーションシティシネマ
MOVIX八尾
MOVIXå º
MOVIX京都
MOVIX倉敷
MOVIX日吉津
MOVIX周南


記事ページ⇒






「母と暮せば」も・・・あります

各ナビ番組上映館で・・・映画の魅力を語ってくださるのですね







そして!

チケットぴあも!
7月24日(金)10時から!
「母と暮せば」の・・・チケットを発売



チケットぴあ
母と暮せば/全国券 一般発売
■一般1,400円
■チケットは2016/3/31(木)まで有効
■この前売鑑賞券には、前売特典は付きません

詳細はこちら⇒



この前売鑑賞券には、前売特典は付きません・・・と、注釈を入れてることを思うと、
特典付きそうな気がしますが・・・どうでしょう






公式さんのお知らせ・・・楽しみです









今日は・・・ずっと雨、と、思っていたら!
午後から晴れました


717空

雲が・・・










ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/17 19:20 ] 映画 母と暮せば | TB(-) | CM(-)