FC2ブログ

ハンコ!






711しやがれa
711しやがれb
711しやがれc
711しやがれd
711しやがれe
711しやがれf
711しやがれg
711しやがれh




ダブル二宮
グラデーション二宮
残像二宮





さすがだね
とっさに・・・出てくる言葉が

もう・・・ほんと、最高




センスいいよね~


可愛いし面白いよ~





711しやがれi
711しやがれj




パンケーキアート

コントラストがはっきりしてて・・・いい、と
最後に選ばれたとき・・・

初めて絵ほめられた・・・って、ニノの声
そんな感じのこと・・・言ってるように聞こえますが
気のせいかしら・・・ふふ





711しやがれk

ひそひそ・・・ふふ!






こちら

711しやがれx

右上に「Myojo2000年2月」と、あったので!



探してみました!




これかな~



2000年のMyojoですが・・・月号は不明です


2000Myojo1.jpg

2000Myojo1a.jpg



2000å¹´Myojo2

2000Myojo2a.jpg



ちびにのみ・・・可愛い







次回

711しやがれy
711しやがれz
711しやがれzz




二宮和也の小っちゃな野望

日本一高いビルでシークレットライブ♪



首をなが~くして・・・待ってたよ~




本気のまくら投げも!





楽しみ









yaho番組表更新!

7月18日(土) 22時00分~22時54分
嵐にしやがれ  
嵐が森星と本気の枕投げ&二宮(秘)ライブ&MJ風探し

世の中のどうでもいいことをスペシャルに!
今夜は…二宮和也の小っちゃな野望…シークレットライブ第2弾!
二宮が日本一高いビルで命がけのパフォーマンスに挑む!!
▽さらに松本潤のTHIS IS MJ!…MJは風速何mまでカッコ良くいられるのか!?
都内にある風の名所で不思議な風体験!
▽そして、嵐カレンダーは「修学旅行の日」モデル・森星をゲストに招き、
本気の枕投げ対決!日本一と戦い、まさかの勝利なるか!?






可愛いにのみが・・・観れそう








先週の「嵐にしやがれ」を・・・まとめてみました!












スポンサーサイト



ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/14 19:40 ] 嵐にしやがれ | TB(-) | CM(-)

最新情報更新!





「母と暮せば」公式サイト



最新情報に・・・長崎ロケの報告記事


7月12日のブログに載せました、
cinema topicsの記事とほとんど同じですが!




こちら・・・公式さんの記事!





撮影快調!『母と暮せば』長崎ロケのご報告
2015.7.14


現在撮影中の山田洋次監督の新作『母と暮せば』。

先日、物語の舞台となる長崎にてクライマックスシーンの撮影が行われました。

長崎のカトリック教会を舞台に、母親の伸子(吉永小百合)と息子の浩二(二宮和也)が教会の中を二人で寄り添って歩く、ラストシーン。教会の中には、親しかった懐かしい人々が勢ぞろいしている感動的なシーンです。クライマックスということもあり、33度を超える暑さの中、山田監督の演出もいつも以上に熱が入り、現場はとてもいい緊張感に包まれました。

撮影の合間には山田洋次監督のほか、吉永小百合さん、二宮和也さん、黒木華さん、浅野忠信さん、加藤健一さん等メインキャストが一堂に会し、本作への想いを語りました。

山田監督の本作への込めた強い思いや、吉永さんと二宮さん母子のお互いの印象などを、時には笑いが起きるような、いい雰囲気に包まれました。

以下に詳細レポートを記させていただきます。



■長崎ロケ 概要
日時:2015年7月10日(金)10:00~
場所:黒崎教会(長崎県長崎市)
登壇者:吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、山田洋次監督



◎長崎を舞台にしている「母と暮せば」、今回長崎でクランクアップを迎えるということで、長崎での撮影について感想など、皆様からお一言ずついただきます。

山田監督:一昨年の春の終わり頃にこの企画に巡り会って運命のようだなと思いました。そしてこれはなんとしても作らなければと思ってから、二年の歳月が過ぎて、この長崎の地で主な出演者がみんな集まって、クランクアップを迎えることができ、こういった形で作品を終えることができると思うと「よーい、はい」と言うのもなんだか胸がいっぱいになります。また、俳優、スタッフみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

吉永:戦後70年のこの年にこの作品に参加できて感無量です。でも、山田監督のこの映画にかける熱い思いや情熱に応えられているかどうか、今はとても不安で不安で、もっともっとできたんじゃないかと自分では反省しているんですけど、素晴らしい共演者の方々と共演できてクランクアップを迎えられるということはとても嬉しいです。公開したらたくさんの人に見てもらいたいと願うばかりです。

二宮:僕は初めての山田作品への参加で、初めはとても緊張していたのですが、一日一日が非常に贅沢な時間だと感じることができました。また僕は作品の性質上、吉永さんとしか会話ができないので(笑)、今日はこんなにたくさんの人と会えて嬉しいですし、新鮮な気持ちです。長崎という地で終われるのが、卒業旅行ではないですけど、この地で終えられてよかったなと思っています。

黒木:長崎の話ですし、こうして長崎で撮影ができるのは非常に嬉しいです。山田監督がずっと「戦争を知らない世代に伝えたいことがたくさんある」とおっしゃっていて、私も身近な話ではなかったので、この作品を通して、少しですが知ることができて、いいきっかけになりました。

浅野:僕は山田監督と吉永さんとは「母べえ」以来ですが、今回またご一緒できてとても光栄です。僕はとても大きな役ではないのですが、とても重要な役をいただいて、非常にやりがいがあるのですが、現場でも色々なことを勉強させていただいて、非常に楽しかったです。

監督:彼は「父と暮せば」でも宮沢りえちゃんの恋人役で出演しててね。不思議な縁ですね。

加藤:非常に素敵な教会で撮影できて、感無量です。先日、喫茶店に行ったらば、時計が30個ぐらい置いてあって、全て11時2分で止まっていました。長崎の人たちの想いが強く残っているんだなと感じてます。



◎戦後70年、かつ長崎は被爆70年という年ですが、どういう思いで本作に取り組んでいるか?また、観客の方々にはなにを感じて欲しいですか?

監督:長崎にお住まいの方でもほとんど戦争を知らない。でも他の土地と違って、自分の親戚ご両親、おじいさんおばあさんが被爆したという人はたくさんいると思う。そういった意味ではこの映画は長崎の人たちにとって特別な映画になるかもしれない。また、長崎の人たちに見てもらって、納得してもらえるような、満足してもらえるか大きなプレッシャーです。見ていただいたうえで、色んな意見を聞いてみたいと思います。

吉永:原爆をテーマにした作品では「愛と死の記録」が、私が21歳の時に出演した広島の映画と、テレビでは「夢千代日記」と、今回で3作目なんですけど、初めての長崎の作品で長崎の方たちに素晴らしい協力をいただいて、今回できました。長崎の方たちの思いを少しでも日本中の人に知ってもらいたいという思いです。

二宮:戦争と原爆、被爆したということもそうなんですけど、そこの思いは、僕たちは丁寧にやらせていただいたという印象があります。それに加えて、どこにでもあるひとつの家族の寂しさだったり苦しさだったり、また昔を振り返っての楽しい思い出だったり長崎を初めとした日本中どこにでもある日常を描くほうも丁寧にやらせていただいたと思います。それが伝わっていけばいいなと思います。



◎日常を丁寧に描いているとおっしゃってましたが、そこに含まれる吉永さんと二宮さんは親子をずっと演じられて、お互いどのような感想をお持ちになりましたか?また、山田監督はその2人を撮って、どのような印象を感じたかお聞かせください。

吉永:二宮さんとは初めて会ったその日から、もしかしたら本当に自分の息子なんじゃないかと思うくらい、寄り添って演じることができました。かわいい息子です。お芝居は二宮さんはとてもしなやかなで、どんな状況でも力を入れずに、本当にすばらしい存在感で、私は引っ張ってもらいました。こういう息子に出会えて本当によかったと思います。

二宮:そう言っていただけただけで、この作品に出てよかったと思います。吉永さんから、僕の小さい頃の写真を見せてほしいと言われ、僕も久しぶりに自分の写真を見ました。そのことをきっかけに、実際には共有していない思い出などが想像できました。本当に、とても優しいお母さんで、撮影が終わる度に「よかったね、よかったね」と言ってくれて、一度撮影が終わった時に抱きしめてくださいました。(笑)

吉永:あんまり素敵なお芝居だったので(笑)

二宮:本当に「よかった」と言っていただけたので、そういった事も、先ほども言った贅沢な時間だったなぁと。

監督:本当にお二人は甘ーいんですよね。とても甘いトローンとした味が漂っていてね。小百合さんも浩二の役に二宮さんが決まったと聞いたら、何度もよかったと喜んでくれて、いいキャスティングができたというよりは、この二人じゃなかったら成り立ってないんじゃないかと。時として恋人に見えるような甘さ、そういう独特の母子の物語になりえているのではないかと思います。



◎長崎ロケにこだわった思いは?

監督:なにしろ昭和23年の物語なので、本当はたっぷり長崎ロケをしたかったんだけど、その頃を再現できる場所があまりないんですよ。ただ、教会はみな古いし、教会は浦上を除いては現存しているのだから、だから教会は絶対に長崎で撮ろうと思ってました。そこに長崎の信徒さん達に参加してもらって、クライマックスで合唱してもらって、エンディングを迎えるというのは最初からありました。だから、たくさん教会があるので迷いましたけど、最終的にこの教会を選んで良かったと思ってます。この教会の歴史がそのまま画に映るようであってほしいと思いながら撮影してます。

公式サイト「最新情報」ページ⇒








明日発売










「TVガイド」
映画「母と暮せば」二宮和也最新ショット!


「TV LIFE」
ニノ出演映画「母と暮せば」初出し密着ショットなど盛りだくさん!




明日発売の他のTV誌にも・・・載ってるかもしれませんね








楽しみです






ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/14 19:02 ] 映画 母と暮せば | TB(-) | CM(-)

タイムトラベルへGO♪





「女性自身」




ニノと一緒にタイムトラベルへGO♪



714女性自身a





先ずは・・・ニュートンの時代へ


714女性自身b

クリーナーを手放さなかったニノは
「強モードだと赤いランプがつくんだな」とポツリ



右手と左手で・・・お掃除



714女性自身c

巻き毛が・・・可愛い



714女性自身d

変身





そして!



1945年・・・昭和20年へ


714女性自身e

浩二くんと町子さん


素敵だね



ふたりのシーンも・・・楽しみ



714女性自身f

製作発表で「戦争を風化させないのが使命かな」と話していたニノは、
吉永演じる伸子の前に現れる、
3年前に原爆で亡くなったはずの息子・浩二を演じている。
「国民的スターで吉永さんと母子に見える人物は二宮さんしかいなかった」
榎プロデューサーと太鼓判も。





国民的スターで
吉永さんと母子に見える人物・・・は


714女性自身g

ニノしかいない・・・わ~い




嬉しいですね





ほんとに・・・似てる!
お顔も!
お肌がすべすべなところも・・・ふふ!


和風で・・・綺麗なお顔








女性自身は2ページ記事です!










昨日・・・前売り券販売のお知らせがありました!

7月24日(金)!
早いね・・・と、思い!
平日に販売!?・・・ちょっと、びっくりして!
いろいろ検索していったら・・・!


ウィキペディア
「日本への原子爆弾投下」に!


原子爆弾投下の背景と経緯[編集]
詳細は「マンハッタン計画」および「核兵器の歴史」を参照
日本への原子爆弾投下までの道程は、その6年前のルーズベルト第32代アメリカ合衆国大統領に届けられた科学者たちの手紙にさかのぼる。そして、マンハッタン計画(DSM計画)により開発中であった原子爆弾の使用対象として日本が決定されたのは1943年5月であった。一方で、原子爆弾投下を阻止しようと行動した人々の存在もあった。
具体的に広島市が目標と決定されたのは1945年5月10日であり、長崎市は投下直前の7月24日に予備目標地として決定された。また、京都市や新潟市や小倉市(現・北九州市、長崎市に投下された原子爆弾・ファットマンの当初目標地)などが候補地とされていた。・・・と、ありました





1945年7月24日は・・・長崎市が予備目標地として決定された日でした





意味のある日でした






7月24日の前売り券販売の日も!
12月12日の映画公開日も!



大事な日です





映画「母と暮せば」への熱い想いを感じます!



また・・・涙が






作品へのたっぷりの愛情を感じます







こちら!

長崎電気軌道さんFacebookに!
母と暮せばのロケのことが・・・載っています!


映画「母と暮らせば」(山田洋次監督 12月公開)の撮影に協力しました。
主演の二宮和也さんが、走り出した路面電車に飛び乗る、
というシーンの撮影です。
ほんの10秒~20秒くらいのシーンでしたが、撮影スタッフの人数に驚きました。
軽く40~50人くらいいたと思います。




しかし、それぞれがその道のプロの方々なので無駄な動きがなく、
準備・撮影・撤収までテキパキと鮮やかでした。
撮影は曇り空の浦上車庫内ですが、
映画の中では快晴の大浦海岸通り付近に編集されるそうです。
映画を観に行かれる際は、どんなシーンに仕上がっているかご注目ください。
長崎電気軌道さんFacebook⇒





主演の二宮和也・・・これは!!!







カトリック黒崎教会さんFacebookにも!
お写真などが載っています!
カトリック黒崎教会さんFacebook⇒








前売り券販売まで・・・10日



わくわく









今日も・・・ぎらぎら暑い







新ピカに寄って来ました!
「大奥」以来かしら!
すごい久しぶりなので動悸が・・・ふふふ!


「母と暮せば」の大きなバナーが掲出されているということですが!
見つからなくて
・・・中に入らないと見れないようです


チケ購入して・・・何か観るときに、
おっきなニノを撮れたらな~と・・・思っています





しかし・・・暑い















拍手、コメント・・・ありがとうございます











ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2015/07/14 17:18 ] 映画 母と暮せば | TB(-) | CM(-)