FC2ブログ

「舞台」






26日、森田さんの舞台!
にのちゃん観劇目情がありましたね\(^o^)/




にのちゃん💛
森田さん舞台観劇年表です・・・ふふ!




2008年の森田さん主演舞台「IZO」、
観劇してましたよね。

目撃情報があったと思います。

演出は、いのうえひでのりさんです。





三宅健さんとにのちゃん

ふたりで観に行った森田くんの舞台は、
「鉈切り丸(2013年)」ですよね!

目撃情報あり!

そして!
2014年お正月のベイストと連載「一途」でも、
お話してます!



2014年1月5日のベイスト♪

たいへん素晴らしい、舞台で。
非常に、感激しました。
生瀬さんと、剛くんの舞台を、
初めて観たのかなあ、と思ってたんだけど。
何かねえ、あの~
わりと知ってる人がいっぱいいて、
その生瀬さんもそうだし、
っていうのもあって。
いのうえ(ひでのり)さんが、
剛くんと組んで、
新感線(劇団新感線)のね、
演出家の人なんだけど、がやってて。
ちょっと、おもしろそうだなあと思って。
で、大阪から、たぶん、
スタートしてると思うんだけど「鉈切り丸」は。
大阪、始まったときから評判が良くて、
ちょっと、観れないかなあと思って、
観に行きました。
オレは、だから楽日に、
観に行ったんすけどね。
でもやっぱ、何か、
やっぱり舞台ってのは素晴らしいね。
あれは、やれるだけですごいんだなあと思った。
あんないっぱい覚えてさ。
ね?
物量が違うから、
やっぱすごいなと思うよ、ほんとに。
それだけでもう感激しちゃうよ、ほんとに。


と、こんな感じでした!



2014年のMORE 6月号「一途」では!

でも、この間、久しぶりに舞台を観た!
( 森田)剛くんの『鉈切り丸』。
事務所の人にすすめられたのと、
演出家のいのうえ(ひでのり)さんが
知りあいだったこともあって。
面白かったですよ。
挨拶は開演前にして、
アンコールの前に帰ったけどね。
だって、見つかったら迷惑かかるし、
楽屋って業界関係者がたくさんいるだろうから、
大変そうだなって。
仕事じゃない時は、
できるだけ人に出くわしたくないんだよね(笑)


と、お話してました!




ベイストで!
森田くんの舞台初めて観たのかな~
と言って
一途では久しぶりに観たというにのちゃん





2016年8月22日昼の部!
森田くん主演舞台「ビニールの城」

三宅健さんとにのちゃん観劇

こちらも、目撃情報がありました!





2016年公開の「ヒメノア~ル」は、
2017年の「T.」で、お話してます!


映画「ラストレシピ」インタビュー
二宮和也の変貌

2017t.jpg



きっと「ヒメノア~ル」も観たと思う(*^_^*)





にのちゃんが観た
森田さんの舞台

IZO
鉈切り丸
ビニールの城

そして「映画ヒメノア~ル」







2015年「MORE 6月号」一途で!

でも、V6はみんな好きだし、素敵だよね。
森田剛くんは”尊敬する人”。
ジャニーズの中でも、芝居、歌、アイドル性が、
トータルで特別すごい人だなって。




森田剛さんは尊敬する人


にのちゃん・・・森田さん大好き







2017年「T.」

2017t1.jpg




自分の個人の仕事で
その時期に嵐がなにか大きなことを
やれる可能性をゼロにしているわけだから。
それは、なにかしら還元しなきゃいけないなと
思っているんですね。

責任感っていう意味でも、
個人の仕事だと、
5人でいる時よりもちょっと
乗っかるんです。






わたくしは、にのちゃんの演技が大好き

ピュアな役もダークな役も、
主演助演関係なく、
どんな役も観たいと、常に願っています

ここでも・・・!

お知らせ待ってます!
嬉しい演技のお知らせはまだですか~

と、強欲に訴えています・・・ふふ!



2021年、グループ活動のお休みに入ります。

にのちゃんの挑戦が楽しみです
さらに力をつけて
一回り大きくなっていくと信じています
いつか、復活のその日まで
復活後も
頑張るにのちゃんを応援します






森田くんの舞台をにのちゃん観劇で、
家にいたくないのか~みたいなのが、
ちらりと目に入ったので(`o´)
にのちゃんが森田くんを尊敬していること
舞台を何度も観ていること
まとめてみました!


他の作品も観劇しているかもしれませんが、
目撃情報と雑誌記事でまとめました






T.のにのちゃん

2017t2.jpg


大好きな1枚です






森田さん舞台!
にのちゃん観劇ぷち年表でした!




拍手、コメント・・・ありがとうございます







にのちゃんの舞台も観たい







スポンサーサイト



ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2020/01/28 16:42 ] 舞台 | TB(-) | CM(-)

「ブイブイ!」「今夜はハンバーグの会💛」「2004雑誌」「黄色い涙」






ブイブイ読んでくれることを
楽しみにしてるブイ!










しにがみさま て…
よくない世界と契約したみたいに見えるブイ…





ゴーちゃん。可愛い




にのちゃん・・・ブイブイ


ゴーちゃん。のお手紙
絶対読むね(* ´ ▽ ` *)




楽しみです



ほんとに!
可愛いやりとりです




ベイストとブイスト

にのちゃんとゴーちゃん。




楽しい\(^o^)/








今夜は嵐にしやがれ!


ハンバーグの会第3弾



1月11日(土)よる9時~
嵐にしやがれ 
二宮和也ハンバーグの会第3弾 
三浦友和がまさかの参戦!
お酒とハンバーグを堪能!








三浦友和さんヽ(≧∀≦)ノ






次回もにのちゃん💛


1月18日(土)21時00分~21時54分
嵐にしやがれ
佐藤二朗 記念館!



いいかげんだらけ!?
佐藤二朗のテキトー伝説年表!
▽MJ倶楽部!山田涼介とシュラスコパーティー
▽四千頭身の漫才に二宮が挑戦!




今夜のしやがれ!
予告もチェックですね





三浦さんとハンバーグとお酒


楽しみです














昨日のブログで、2010年の雑誌から、
瀬戸口克陽氏の証言を載せました。


人間、二宮和也の魅力は、
バラエティーなんかを見ていても
思うんですけど、
ちょっとしたはずし方というか
会話のセンスがあって、
これは教育されて出来るものではなくて
彼の天性の持ち味だと思いますね。




バラエティーとにのちゃん



2004年「LOOK at STAR Vol.7」

シブヤから遠く離れて
小泉今日子×岩松了



ポスター撮りで初めて二宮君に会った時、
ひと言も話さなかったんです。
でもそれが全然平気で。
普通、長い時間カメラの前に立って、
隣に並んだり、
背中合わせになったりやってると、
どっちかが気を遣い出したりするじゃないですか。
でもその必要がないの。
何か話し掛けたりしてみようかなとも
思うんだけど。
ま、いっかって、不思議な時間だったなぁ。
小泉今日子さん!




若いってだけじゃない感じが、
彼にはあるよね。
ナイーブそうに見えるけど、
心の中にもっと違うものを秘めてそうな。
なんか、猫みたいだった。
こびるでもなく、何かこう、
周囲を観察しているって言うか。
空気を吸って、
ただ静かにそこにいる、みたいな。
猫って、さっきまでいなかったのに、
急に隣にいたりするじゃない?
小泉今日子さん!






今も、胸がきゅんとなる💛
小泉さんの素敵な表現です




会話のセンスは彼の天性の持ち味

ツッコミをやる人がいなかったから、
バラエティーでツッコミをはじめた!
場を盛り上げてきた!
そして、新たな才能を開花させた


独特な柔らかさや緩さ、
鋭さも視野の広さも、
いろんな側面を持っている!
バラエティーで得た即興力は、
演技やお芝居の力となる!



素晴らしいな~って思います!



ラジオ「ベイスト」
冠番組「ニノさん」

長く続いて欲しいと思います!







インタビューに同席したスタッフ全員が
驚いたこと。
それは、脚本を読み取る力の鋭さ、
深さだった。


「僕、わりとセリフを(頭の中に)コピー
出来ちゃうんですね。
覚えるために脚本を読むのは、
ドラマだったら1話につき2回ぐらいかな。
3回開けば多いほうです」(にのちゃん)






シブヤから遠く離れて

この舞台を観る時は、
低温やけどに注意してください






舞台も観たい









京都みなみ会館
1月17日(金)~23(木)
黄色い涙
35㎜フィルム上映!














サーバーダウン!

すごいねw(゚o゚)w






ゴーちゃん。
今夜はハンバーグの会💛
2004年の雑誌!
黄色い涙!・・・など、まとめてみました!




拍手、コメント・・・ありがとうございます









ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

「TV誌!」






2冊ゲットしました



19919a.jpg


ガイドは
ライフは





今日のVS嵐はお休み


次回26日のVS嵐はチームいい声と対決




ということで!


今回の週刊VS嵐ガイドは!




声に関する質問に各5秒で回答
しょにの「声」スマッシュ!





相手の声のいいところは?



伸びがある
滑舌がいい



歌うとき、ニノの声は伸びがあるなって思う。
嵐の中では声が高い組だしね


うん、まあ割と高いね。
滑舌は、悪かったら悪いなりに
練習しなきゃいけないだろうし、
良くても練習し続けなきゃいけないだろうしね。
ずっとしゃべり続けてないといけないものだと思う。
滑舌って天性のものとは言いがたい、
努力の賜物だよね


そうなの?ありがとう。
昔は意識してたけど、
最近はそんな意識してないかな






翔さんも伸びのある声

ニノちゃんも滑舌ばつぐん

と、私は思います(*^_^*)






低音ボイス対決


翔さんはF♯
ニノちゃんはF



両者ともかなりの低音の、
魅力的な声で勝負。
出た結果は櫻井がF♯、
二宮がFと僅差!
嵐の楽曲では二宮が
高音パートを担当することが多いため、
櫻井は「俺の方が低いと思った」
とびっくり!?





七色の声を持つアイドル
俳優
バラエティーMC

唯一無二のニノちゃん



翔さんの低音はセクシー

ラップは特にどきどきしちゃう




そして・・・10月3日のVS嵐は!
嵐さんの洗濯事情はこだわりだらけ!!

ニノちゃんのお話もあるといいな~







タレントweekerより!


嵐にしやがれ超メモリアル!
丸ごと嵐までカウントダウン!



(1)~(5)まで・・・アップされています\(^o^)/


(1) 9月24日(火)20:54~21:00
(2) 9月25日(水)01:04~01:09
(3) 9月25日(水)20:54~21:00
(4) 9月26日(木)01:04~01:09
(5) 9月27日(金)01:04~01:09


詳細はこちらから⇒





来週はずっと嵐さん


まだ、番組表は未更新ですが、
28日(土)の嵐にしやがれは!
3時間スペシャル






来週はTV月刊誌も発売です











2019/09/17
月刊「嵐」連載
二宮和也と松本潤のトークをプレーバック!




二宮和也と松本潤、Jr.時代に渋谷でショッピング!
【月刊「嵐」連載プレーバック】



月刊ザテレビジョンで掲載中の嵐の連載、月刊「嵐」。彼らのデビュー20周年を記念し、過去企画の中から“ペアトーク”を抜粋! 今回は二宮和也×松本潤ペアの前編を。



ドラマの撮影秘話が続々!

●2011年7月号「ギョーザ」
焼きギョーザ、水ギョーザ、揚げギョーザに、デザートギョーザまで、皮から作るいろいろギョーザに挑戦。
――同い年の2人がお互いを“大人コーディネート”するとしたら?
松本「白のスーツかな」
二宮「あ、そう~」
松本「舞台『見知らぬ乗客』(2009年)のときのニノの衣装、白いスーツだったじゃない? 俺、それがすごい印象的で。しかもパリッとテクノカットでさ(笑)。あのニノは、まさに俺が求める大人の男でしたね」
二宮「そうだよね(ニヤリ)」
松本「ああいうクラシカルなスーツとかいいんじゃないかな」
二宮「なるほどね。芝居でしか着たことないけど(笑)。潤くんはね~、やっぱりジーパンに白いTシャツだよね」
松本「永遠のテーマだね」
二宮「ジーパンに白Tはね。今の髪形にも似合うんじゃないかな!」
――大人になったな~と思う瞬間は?
二宮「“もう子供じゃないんだから!”って言われたときかな(笑)」
松本「どういうとき言われるんですか?(笑)」
二宮「もう、いつも言われてますよ(笑)」
松本「俺は年下の人に“今いくつ?”って聞いて、“17歳です”なんて言われたときに“うわ~、若いな~!”なんて言ってる自分に大人を感じる」
二宮「分かる、それ(笑)」
松本「最近、番組に来てくださるゲストの皆さんも自分たちより若い方が多くなってきたし」
二宮「若いノリについていけなくて、怖い~って思うこともある(笑)」


●2012年7月号「理科の実験」
静電気や風の力で風船などを宙に浮かせて楽しむ2人。「子供のときより、大人の方が楽しめる」と大興奮!
――印象的な雨の思い出は?
松本「リーダーが雨男らしいよ。『鍵のかかった部屋』(2012年フジテレビ系)のロケでさ、リーダーが登場すると雨が降りだすんだって。そんな主役と共演するの、やだな~(笑)」
二宮「絶対にやだー!(笑) でも、嵐の中では雨男ってイメージないよね。まぁそのイメージも、ドラマの現場だからこそなんだろうね」
松本「そうだね。他の仕事だと雨だからどうこうっていうの、あんまないからね。ドラマとか撮影現場だと、雨が降ってもどうにかしなきゃならないことが多いから」
二宮「バラエティーだったら、雨でも傘差しながらもやれちゃうし」
松本「俺の場合、ドラマのときはあえて雨の中でのシーンってのも結構多かったけど(笑)」
二宮「こないだリーダーが、『マツジュンの花男(花より男子)(2005年ほかTBS系)の雨の中のシーンが…』って話してた」
松本「見てたんだ、あの人(笑)」
二宮「見てたんだね(笑)」
松本「『バンビ~ノ!』(2007年日本テレビ系)でも、ゴミ箱の横で倒れてずぶぬれになるシーンがあったし、『ラッキーセブン』(2012年フジテレビ系)も瑛太さんとのシーンでね…、そういや結構、瑛太さんとのシーンは雨の日が多かったかも(笑)。どうしても瑛太さんとのシーンをきょうまでに撮らなきゃならないって日に絶望的な雨で」
二宮「それ、大変そうだな~」
松本「あえて、その絶望的な雨を生かしちゃえ!ってね」
二宮「俺はJr.時代に初めて出たドラマ『天城越え』(1998年TBS系)がそうだった」
松本「(演出で)降らせた雨だったの?」
二宮「そう。しかも夏の設定で冬に撮影してたドラマでね。体から湯気が立たないようにするのが大変だった記憶があるな」
松本「そりゃそうだ。だって冬場に水風呂入るようなもんだしね。『天城越え』のドラマが決まったときのこと、覚えてるよ。(舞台)『Stand by Me』(1997年)の楽屋に連絡がきたんだよ」
二宮「懐かしいね~。丸刈り頭でね」
松本「ジャニーズJr.で丸刈りっていない(笑)」
二宮「特殊でしたね。丸刈りのJr.なんてそういないから(笑)」
松本「当時、ニノが丸刈り頭にドラえもんのタオルをいつも巻いてたのも、よく覚えてるな~!」


記事(3ページ)ページ⇒


記事全文(1ページ目は)こちらから⇒




白スーツ
丸刈り頭




載せたことがあると思いますが・・・、
2009年7月の読売夕刊です。
*日付か分かりませんが、
舞台が2009年7月18日が初日なので、
その前だと思います。




20097myy.jpg



「今までは、自由に動かしてくれる大将が
後ろにいた方が動きやすかった。
けれど、今度の大将(ロバート・アラン・アッカーマン氏)は
いろんな戦略を緻密に立ててくれる。
それを聞いたうえでプラスアルファを表現できたら、
この舞台はやった意味があるのかな」






舞台も観たくなる








1,000倍











エッセンシャルは花王さんでしたね。
CM起用社数、翔さんは変わらず8社ですね、
失礼しました
ニノちゃんが7社になるのね。

来年、黒ラベルのCMに出演があるといいな~
浅田兄弟の共演を、まだ期待しています。
観てみたい(* ´ ▽ ` *)







TV誌!
2009年読売夕刊「見知らぬ乗客」
ニノちゃんインタビュー記事💛
など、まとめてみました!





拍手、コメント・・・ありがとうございます









ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2019/09/19 13:59 ] 舞台 見知らぬ乗客 | TB(-) | CM(-)

「雑誌」「祝100回!」「2009/見知らぬ乗客」





ざっくり雑誌の予定を




3月8日(水)発売!  
週刊TVガイド
VS嵐連載 相葉雅紀&二宮和也




3月10日(金)発売!  
Cinema★Cinema No.68
ラストレシピ撮影現場レポ


日本映画navi vol.68
最新現場リポート
ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~
二宮和也、西島秀俊ロングインタビュー





3月15日(水)発売!  
TV LIFE
嵐にしやがれ連載 櫻井翔&二宮和也



TVstation
Catch the 嵐




3月20日(月)発売!  
non・no 5月号
アラシブンノニ「ショウジョマンガノアラシ」二宮和也×松本潤




3月23日(木)発売!  
Myojo 5月号
嵐




毎月28日はMORE発売!
ニノ連載「It(一途)」










PON!

ジャニッPON!コーナー、屋良さんインタビューのとき!
ちらっと・・・嵐さん


1737PONa.jpg









芳麗さんブログ

芳麗センパイ教えて! 恋愛サプリ


祝100回!
二宮和也の軌跡を追った連載「It-一途-」
8年前の思い出と今について。



こんにちは、芳麗です。
MORE4月号 で、連載『二宮和也のIt 一途』は記念すべき、第100回を迎えました。
各所で反響が大きくて嬉しい限りです。

少しだけ思い出話をします。

本文中でも触れていますが、連載100回目は、1回目と同じ海に行きました。

8年前も、雲ひとつない青空で、海がきらきらしていました。
カメラマンのエモこと、江森康之くんは、ニノと初対面。
緊張しながら挨拶をして、自己紹介代わりに自分の撮った写真集を渡していました。
それを優しい笑顔で受け取るニノ。
スタイリストの伊賀大介さんは、当時、嵐の国立のコンサートの衣装も担当していて、ニノとは顔なじみ。
伊賀さんが2人(ニノとエモ)の間を取り持っていた記憶があります。

微笑ましい光景!

ちなみに、担当編集は何度かニノへの取材を経ての連載担当に。
私は、エンタテインメント誌にて20歳頃のニノ(というか、嵐)を何度かインタビューしていたのですが、時を経て、またお目にかかることになりました。
私は文筆業ですが、写真がとても好きです。
文章と写真がひとつに溶け合って訴えかけてくるものを見るのが好きだから、雑誌が好きだと言っても過言ではないくらい。

だから、この仕事中も、信頼する写真家の目には、どんな風に被写体が写っているのが気になって、撮影後、「どんな人だと感じた?」と聞くこともよくあります。

第1回目のあの日もそう。
撮影後のエモくんに「ニノはどうだった?」と聞きました。
もちろん、ニノのいない場で。
すると、エモくんは興奮気味に、一言。

「男だなと思った!!」

「へ? それだけ?」と突っ込みつつも、いいコミュニケーションが取れたんだなと感じました。

それから、エモは、「優しいなと思った」ともポツリ。
「こちらの本気にこたえてくれる、本気を感じた」と。

その後のインタビューは、第一声、「海は嫌いなんだよね」とニノに笑顔で言われて、私と編集者が絶句するところから始まるわけですが、話は初回から容赦なくて面白かった。

何気ないのに、ドラマティックな連載の始まりだなぁと感じてワクワクしました。
これから、予想もできない対話ができそうな気がしました。

おそらく私だけではなく、スタッフ全員が近しい事を感じていた気がするし、そんな風に、思わせせるニノってすごいなと!

あれから、100回超。

カジュアルな話もシリアスな話もしたし、ニノのいろんな気持ちや状況を見る機会に恵まれたし、予想もつかない、いろんな事がありました。

でも、あの日に、ニノに対して感じた気持ち、ワクワクと尊敬は変わりなくあります。
“時間がすべて”という彼の言葉通り、大切なものをたくさんもらったと思うし、私なりに彼に対して少しづつ理解を深めていますが、本質的な部分は何ら変わりなくて、それが嬉しいし、貴重なことだなと。
(あ、これも、連載 第11回の“変わらない進化系”ってやつですね) 

スタイリストの伊賀さんを筆頭に、一途のスタッフは全員、映画や舞台などのカルチャーがとても好きという共通点があるのですが、何だか、みんなで“二宮和也”というドキュメンタリー映画をずっと撮っているような感じがします。

女性誌のみならず、現在の雑誌においては、異色の連載だと思いますが、こんなにも長く続いている。
その最大の理由は、8年経った今でも、観て読んでくださる方々が数多いて、その熱量が変わらずに高いからです。
とてもとても感謝しています。
あー、続けてきてよかった!(ブルゾンちえみ調に♡)

さて、第100回目の撮影後、私はエモくんに久々にさらりと聞きました。

「ニノどうだった?」 

すると、エモは興奮気味に一言。

「すげぇ優しかった!」

それから、間をおいて「男だよね。やっぱり」と。
エモは、第1回目の時に、自分が順番は逆でも、同じ感想を漏らしたことを覚えていなかったのですが、覚えていた私は大笑い。

そして、主役のニノも「8年前のことなんて忘れた」と言いながら、あの伝説の一言に酷似した言葉を言い放ったわけですが……
そこから先は、是非、本誌を読んで頂けると嬉しいです!

これからも、ニノとともに、変わらないけれど、進化していく予定の連載「It-一途-」を宜しくお願い致します!

記事はこちら「芳麗センパイ教えて! 恋愛サプリ」⇒





1737MORE4.jpg



撮られるのは仕事だけど、
やっぱり苦手だし。
自分について語るのは、
はっきり言って嫌い(笑)。
でも、たぶんここではいやじゃなかったんじゃない?
自分の性質上、
本気でいやなことは続けられないし、
終わりのことをずっと考えていたはずだから。

MORE 4月号「一途/100回時間がすべて」






撮られるのは苦手
自分について語るのは嫌い
でも、被写体ニノはとても自然で、魅力的
ニノの言葉も・・・素敵



芳麗さん、そしてスタッフさんとの絆




みんなで“二宮和也”というドキュメンタリー映画を
ずっと撮っているような感じがします。






これからも・・・撮り続けてほしい


そして、書籍化を夢見ています








突然ですが・・・ふふ!


舞台「見知らぬ乗客」のインタビュー記事です



2009年7月18日が初日なので、
それ以前の読売新聞夕刊のです。
日付を残してなくて・・・




20077見知らぬ乗客読売夕刊a




20077見知らぬ乗客読売夕刊b

20077見知らぬ乗客読売夕刊c

20077見知らぬ乗客読売夕刊d




内向的な若者役のイメージが強いが、
演技へのこだわりは人一倍。
かつては、言われた通りに演じるだけなら
自分でなくてもいいと、
演出家に反発したこともあったという。
その一方、ほとんどリハーサルをせず、
本番の撮影に入るイーストウッド監督の現場に
戸惑う年上の俳優もいるなか、
「僕としては、うれしい」と平然としていた。


さまざまな現場を経験したことで、
演技に対する考え方も変わった。


「言われた通りにできなければ、
自分がやりたいようにもできない。
言われたことを『はい、はい』と聞いて、
その通りやれる人が実は一番すごいのかも」



演出家の要求に応えながら
自分なりの個性を出す


「今までは、自由に動かしてくれる大将が
後ろにいた方が動きやすかった。
けれど、今度の大将はいろんな戦略を緻密に立ててくれる。
それを聞いたうえでプラスアルファを表現できたら、
この舞台をやった意味があるのかな」





20077見知らぬ乗客読売夕刊e




「いろんな人から教えてもらったので、
自分も大将にならない手はない」
と、
演出などの仕事にも意欲を燃やす







ドラマ、映画・・・そして、舞台!
舞台は、チケットがとれるか・・・とっても不安だけど
お芝居を肌で感じたい・・・ふふ!
ニノの舞台
また、観たいな~って、思いました!



そして、いつか、ニノの演出の舞台も観たいです!



でも、今はまだ、役者ニノ
ニノの演技が観たい!






ざっくり雑誌予定と見知らぬ乗客の記事・・・でした!





拍手、コメント・・・ありがとうございます






ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也

[ 2017/03/07 16:09 ] 舞台 見知らぬ乗客 | TB(-) | CM(-)

「シブヤから遠く離れて」






2016年12月上演決定










[速報]
シアターコクーン2016年12月公演『シブヤから遠く離れて』上演決定!


シアターコクーン・オンレパートリー2016
『シブヤから遠く離れて』
作・演出:岩松了


現実と虚構の狭間を生きる、孤独な魂たち。
観客の心を揺さぶる、ミステリアスなラブストーリー。
2004年に上演され伝説となった戯曲を作者・岩松了が待望の初演出!

チケット一斉発売:10月上旬予定
主催/企画・製作:Bunkamura
お問合せ:Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00)



詳細、近日公開!乞うご期待!
(2016.07.07)

記事ページ⇒








再演はニノで



1677シブヤから








七夕の日に!
びっくりのお知らせ




どうか・・・ニノで


願いを叶えて・・・ふふ!








12月は・・・忙しそうだけどね、ニノ!











今年12月に「シブヤから遠く離れて」上演決定










ジャンル : アイドル・芸能
テーマ : 二宮和也